リラックスした作業環境は生産性を低下させますか?

リラックスした職場は、仕事の満足度を高め、ストレスを軽減することで、中小企業に利益をもたらすことができます。ストレスは、早期の燃え尽き症候群、健康上の問題、集中力の欠如、職場の対立を引き起こす可能性があります。強力なマネージャーは、ストレスを健康的なレベルに減らすよう努めます。健康的なストレスをもたらす公正な期待と責任感は、従業員の成功への原動力を植え付けます。これにより、従業員はより多くの洞察を提供し、責任の拡大に努め、少人数のスタッフグループの可能性を最大限に引き出すことができます。

職場文化

人々がお互いに対してリラックスした、友好的な態度をとる職場文化は、通常、生産性を高めます。従業員は、社会的相互作用や対立への対処についてストレスを感じる時間を減らし、共同作業や効果的な作業により多くの時間を費やします。リラックスした緊密な職場文化を作ることは、大企業よりも中小企業の方がはるかに簡単なので、この機会を逃さないでください。従業員が「サイバーローフ」(インターネットサーフィンに時間を費やす)を許可することは、従業員の心をリフレッシュすることによっても利益をもたらすようです。

物理的な雰囲気

物理的な雰囲気も生産性に影響を与えます。中小企業は設計するスペースが少なく、作業が簡単になるため、物理的な雰囲気も自然な利点です。「TheEverythingFeng Shui Decluttering Book」のカティーナ・Z・ジョーンズによれば、リラックスできるワークスペースには強力な組織と優れた風水があります。一方、雑然とした職場は、仕事をより困難にし、ストレスを与えます。従業員は、窮屈さを感じるのではなく、十分なスペースと、外部の騒音からの障壁を持っている必要があります。植物を職場に持ち込むことは、音楽を活気づけるのと同様に、職場の風水も強化します。

リラックスしたスケジューリング

リラックスしたスケジュールは、ストレスを和らげ、従業員の生産性を高めることができます。リラックスした仕事の取り決めにより、従業員はパートタイムまたはフルタイムで自宅で仕事をしたり、自分のスケジュールを設定したりすることができます。通勤時間が長い従業員は、在宅勤務で1日の時間を増やすことができます。これにより、中小企業の諸経費を節約することもできます。フレックスタイムと呼ばれる柔軟なスケジューリングも、ストレスを軽減し、従業員がより集中できるようにすることで生産性を高める傾向があります。

リラックスしているがリラックスしていない職場

職場のコミュニケーションや職務に関するガイドラインが緩く、監督が不十分な場合、生産性が低下します。労働者は、職務を適切に遂行していることを確認するために、少なくとも時々上司に相談する必要があります。そうしないと、従業員は自分の役割から逸脱し、期待に応えられず、他の従業員とのコミュニケーションが緩くなる可能性があります。さらに悪いことに、安全と衛生の施行が緩い会社は、スタッフとクライアントを危険にさらします。