HP RecoveryManagerを再起動する方法

HP Recovery Managerは、オフィスのコンピューターをデフォルトの動作状態に戻すためのツールを提供します。リカバリマネージャは、専門のコンピュータ修理サービスに頼ることなく、主要なシステムエラーを解決するのに役立ちます。このプロセスでは、コンピューターのハードディスクにインストールしたすべてのデータ、プログラム、およびファイルが消去されます。これは、従業員が退職または解雇された後にコンピューターを完全に消去するための効果的な方法です。HP Recovery Managerを再起動して、システムのリカバリツールにアクセスします。コンピュータのハードドライブからファイルを回収したい場合に備えて、外付けハードドライブを近くに置いてください。

1

Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[検索]フィールドに「リカバリ」と入力します。

2

表示される「リカバリマネージャ」オプションをクリックします。[すぐにヘルプが必要]カテゴリの下にある[システムの復元]オプションをクリックします。

3

「次へ」をクリックすると、コンピュータが再起動します。再起動が完了すると、HPはすぐに回復環境を開きます。

4

表示されるウィンドウで[ファイルを最初にバックアップする]オプションをクリックし、外付けハードドライブをHPコンピューターに接続します。「次へ」をクリックして、ファイル選択ウィンドウを開きます。バックアップしたいファイルとフォルダのチェックボックスをクリックし、「次へ」をクリックしてそれらを外付けハードドライブに保存します。

5

バックアップが完了したら、[次へ]をクリックして、HPコンピューターの回復プロセスを開始します。リカバリが完了すると、リカバリマネージャから通知されます。