カスタマーサービスの欠如がビジネスに与える影響

優れたカスタマーサービスにより、顧客は戻ってきます。悪い顧客サービスは顧客を遠ざけます。ビジネスには、効果的で積極的なカスタマーサービス担当者と適切なポリシーが必要です。顧客を満足させ、彼らが受けた素晴らしいサービスについて他の人に話してもらうことはビジネスを前進させるでしょうが、会社の不十分な顧客サービス方針はいくつかの点で会社の評判を傷つけます。最終的に、悪い顧客サービスはビジネスの閉鎖を引き起こす可能性があります。

識別

カスタマーサービスは、お客様のニーズやウォンツに耳を傾け、丁寧かつ専門的な方法でお客様のご要望にお応えできるよう努めております。サービスが直接提供されるか、電子メールで提供されるか、電話で提供されるかにかかわらず、カスタマーサービス担当者は、顧客が考慮しなかった可能性のあるニーズを特定し、顧客の将来のニーズを予測できるように支援する必要があります。

ニーズが満たされない

顧客が自分のニーズに対応していると感じていない場合、またはビジネス担当者が顧客が要求しているものよりも顧客のニーズを感じていることに関心がある場合、顧客は会社から購入する可能性が低くなります。これは、収益に即座に影響を及ぼします。

口コミ販売の減少

顧客は、会社が提供する製品またはサービスのいずれかに不満がある場合、その会社を他の人に勧めることはありません。顧客はまた、彼らの否定的な経験に基づいて、他の人にビジネスをひいきにしないように勧めるところまで行くかもしれません。これは売上に影響を及ぼし、事業の財政問題につながる可能性があります。

リピーターの減少

現在の顧客を維持する方が、新しい顧客を引き付けるよりも費用がかかりません。優れたカスタマーサービスは、顧客を幸せに保ちます。ニーズが満たされない場合、または顧客を満足させる試みとともに星に満たない製品の認知が不足している場合、顧客は一度ビジネスから購入する可能性がありますが、戻ってきません。企業が新しい顧客を引き付けるために運営予算の一定の部分を費やさなければならない場合、それはキャッシュフローの問題につながる可能性があり、それはビジネスの死の秘訣となる可能性があります。

考慮事項

カスタマーサービスを提供するとき、その提供は本物でなければなりません。ビジネスの代表者は、顧客がいなければビジネスは存在せず、仕事も存在しないことを覚えておく必要があります。カスタマーサービスのスタッフは、怒っている顧客や失礼な顧客に直面した場合でも、礼儀正しく、和解し続ける必要があります。担当者は、顧客の懸念を認識し、状況を修正する方法を見つける必要があります。企業が顧客サービス担当者を探しているとき、思いやりと耳を傾ける能力を持ち、適切な営業スキルを持っている人を雇うことが会社の最大の利益になります。ピッチは素晴らしいがカスタマーサービスのスキルが不足しているセールスマンは、長期的には生産しません。