ケーキベーカリーの平均利益率

ケーキを焼いてスタイリングすることは芸術であり、価格設定は非常に一貫性がありません。彫像とオリジナルのスタイルを備えた完全にカスタムの多層ウエディングケーキは、毎日の棚の魅力のために設計されたシンプルなシングルケーキとは価格が異なります。諸経費、価格設定、需要はすべて主要な利益率の要因です。

ベーカリーの諸経費

ケーキベーカリーの利益率には諸経費が影響します。個々の仕事に焦点を当てたオーダーメイドのパン屋は、オーバーヘッドを最小限に抑えるために、業務用厨房スペースをリースするだけです。モバイルベーカリーもオプションであり、初期費用は高くなりますが、リースが不要なため、1日の諸経費は少なくなります。

専用の場所では、建設費と運用コストが高くなるため、オーバーヘッドが大きくなります。物理的な場所では、大きなオーバーヘッドを正当化するために、トラフィックが一貫した売上を促進する必要があります。

最初に原価計算を決定する

ベーカリーマージンは大きく異なり、平均マージンに関するデータはありません。これは、パン屋がケーキあたりのコストを計算することから始めなければならないことを意味します。1つのケーキを作るためのコストがわかったら、価格を設定できます。価格は、各ケーキに必要な個別の努力とカスタマイズに基づいて変動します。

各ケーキの材料費、人件費、間接費を計算して、原価計算を決定します。間接費が変動する企業は、ケーキあたりの平均コストを決定するために売上を予測する必要があります。オンデマンドで個々のケーキを作るパン屋は、労力、キッチンリース、材料を簡単に考慮して、各ケーキのコストを設定できます。

合理的なマークアップを決定する

ケーキのマージンがある程度主観的であると考えると、価格設定は柔軟であり、市場の個人的な評価に基づいています。標準の50〜100%のマークアップは、多数のビジネスモデルで機能し、ケーキでも機能します。ただし、競争を評価する必要があり、多くの場合、価格競争力があります。直感に反しているように見えるかもしれませんが、高値も実行可能な戦略です。

集中的な労力と創造性を必要とするカスタムウエディングケーキは、市場平均よりも高い価格になる可能性があります。芸術作品の高価格は実際には際立っており、カスタムベーカーに利益をもたらすことになります。ただし、大量販売の価格設定には、間接費を削減し、より低い価格設定戦略を可能にする効率が必要です。

製品の多様化

多くの場合、焼き菓子のマージンの変動性と製品の貯蔵寿命の短さにより、ビジネスは困難になります。焼き菓子以外の商品を事業に加えることで、利益率と収益性を安定させることができます。

コーヒーは主要なアップセルであり、優れたマージンと長い貯蔵寿命を備えています。淹れたてのコーヒーを作ってカップで販売するか、ブランドコーヒーをまとめて販売します。マグカップやレシピ本などの耐久消費財も、ブランドを拡大しながら収益源を増やしたいと考えているパン屋にとっては素晴らしいアップセルです。