BluetoothとWiFiの干渉を修正する方法

BluetoothとWi-Fiテクノロジーは、互いに近接して使用すると、歴史的に問題があります。これは、両方のテクノロジーが同じ無線周波数を使用して通信するためです。これは、ラジオが2つのラジオ局を同時に再生しているように聞こえる場合にカーステレオと同様の効果をもたらす可能性があります。Wi-FiとBluetoothの干渉の場合、会社のネットワークに接続するにはWi-Fiが推奨される方法であることが多いため、これはオフィス環境で特に問題になる可能性があります。いくつかのトラブルシューティング手順を実行すると、Wi-Fiトラフィックの近くにいる場合でも、通話中のBluetoothオーディオエクスペリエンスを大幅に向上させることができる場合があります。

1

Wi-Fi接続が必要な状況でない場合は、電話でWi-Fiを無効にしてください。電話は小型のデバイスであり、アンテナのスペースが限られているため、BluetoothとWi-Fiを同時に使用することは困難です。Bluetoothオーディオに問題がある場合は、通話中にWi-Fiを無効にしてください。

2

スマートフォンをバッグ、ハンドバッグ、ポケットから取り出します。電話機がBluetoothヘッドセットから離れすぎている場合、接続が弱く、干渉を受けやすい可能性があります。Bluetoothを使用した通話中は、電話から約3フィート以内にいるのが最適です。

3

他の干渉源から離れてください。たとえば、電子レンジは、Bluetooth無線とWi-Fi無線の両方に重大な干渉を引き起こす可能性があります。自宅やオフィスの電子レンジの近くにいる場合は、離れることをお勧めします。さらに、Wi-Fiルーターの近くに座っている場合、またはWi-Fiを積極的に使用している複数の人の近くに座っている場合は、通話中にそのエリアから離れることをお勧めします。