倫理的意思決定への普遍的なアプローチは何を意味しますか?

最も倫理的な選択を決定することは非常に難しい場合があります。意思決定への多数の正式に特定されたアプローチが利用可能です。倫理への普遍的なアプローチは、道徳的絶対主義の概念に基づいています。つまり、何かが1つの場所または1人の人にとって正しくない場合、それは誰にとっても、どこでも正しくないという考えです。普遍的なアプローチは、通常、異文化の状況で使用されますが、一方の当事者が文化的に受け入れられている規範の範囲外で活動している状況でも使用できます。

サポート

普遍的なアプローチは、意思決定プロセスを簡素化します。倫理的な選択は本質的に事前に決定されているので、長い反省や議論は必要ないかもしれません。さらに、国内法および世界的な規制により、特定の選択が義務付けられるか、少なくとも非常に優先される場合があります。「正しい」と「間違った」の選択が明確に示されていると、監視がはるかに簡単になります。したがって、普遍的なアプローチは、ビジネスの活動によって影響を受けるすべての従業員、仕事仲間、およびその他の人々に平等な基準を確保するのに役立ちます。

批判

ジョン・シャーマーホーンが「経営の探求」で論じているように、批評家は普遍的なアプローチを「倫理的帝国主義」と呼んでいます。これは、異文化間のビジネスの相互作用において特に問題を引き起こします。ビジネスパーソンは、国際社会で、または国内で、厳格な倫理的立場を持っていると認識されることを望まない場合があります。そのようなアプローチは、彼女を他の信念を持つ人々に対して差別的に見えるようにする可能性があります。

女性をより高い地位に昇進させることを控えている海外の会社と提携するかどうかを決定するCEOは、その提携が彼にとって倫理的な選択であるかどうかを決定しなければなりません。

汚染基準が緩い国で事業を行っている企業は、地域社会や生態系への害を回避するために取るべき予防策を決定する必要があります。

マネージャーは、内向的な性格の従業員が、自分の文化や他の文化の人々と比較した場合、協力的でないのか、それとも単に長い議論に参加することを好まないのかを検討するかもしれません。

代替案

文化相対主義のアプローチは、普遍的なアプローチの代替手段を提供します。文化相対主義は、倫理的なものは地域の規範や価値観によって異なると考えています。異なる文化や視点の妥当性を尊重しています。しかし、文化相対主義に同意するビジネスマンは、安全性や公正な賃金に関する労働者の権利など、境界を越えて適用される傾向のある幅広い倫理基準を依然として特定している可能性があります。言い換えれば、文化相対主義は、劣悪な労働条件、教育機会の欠如、または緩い環境規制の文化的規範を受け入れるための言い訳として使用する必要はありません。統合社会契約理論はこの論理に従い、共通の倫理と地域の規範の尊重に基づく創造的なアプローチを提供します。