看護におけるリスク管理とは何ですか?

看護師の職務は、その多様性と医療制度全体での価値を反映して、大きく異なります。彼らの中心的な専門的コミットメントの1つは、患者の擁護者として行動することです。医療施設にとって、これは看護師をリスク管理の役割を果たすための理想的な候補者にします。日常業務に対する彼らの洞察により、施設の手順の非効率的または潜在的に危険な側面を特定することができます。

危機管理

医療提供者は十分な訓練を受け、高度なスキルを持っていますが、それでも人間であり、間違いを犯す可能性があります。その場合、患者の転帰に影響が及ぶ可能性があり、最悪の場合、医療施設に民事または刑事責任が発生する可能性があります。病院や診療所は、危険な状況に対処するための不十分な監視や不適切なガイドラインを提供する手順を定義することにより、悪い結果に寄与することがあります。患者を危険にさらすようなインシデントが発生した場合、リスク管理の専門家は「根本原因分析」を実行して、何がうまくいかなかったのか、その理由を特定します。

RNの役割

登録看護師の臨床スキルと患者支援への取り組みは、リスク管理の役割の強力な資格です。患者が誤認されたり、外科医が患者の体内に異物を残したり、間違った薬を投与したり、入院中に患者が感染したりした場合、リスク管理看護師はエラーの原因となった状況を再現できます。問題を分析した後、手順を改善し、再発の可能性を減らすための手順を推奨できます。