粗利益法を使用して大災害で失われた在庫を計算する方法

粗利益は、売上原価と売上原価の差であり、販売可能な商品の原価と最終在庫の差です。企業は通常、年末に1回実地棚卸を行います。ただし、火災、洪水、またはその他の大災害により倉庫が損傷した場合は、保険金請求を行うために、最終在庫残高を見積もる必要がある場合があります。

1

期間中に最初の在庫と購入を取得します。開始在庫は前期間の終了在庫であり、前期間の貸借対照表の流動資産セクションから取得できます。サプライヤーの請求書、領収書、電子記録、その他の文書を使用して、期間中の購入金額を取得します。

2

購入を最初の在庫に追加して、販売可能な商品のコストを計算します。たとえば、最初の在庫が100万ドルで、購入がさらに100万ドルの場合、販売可能な商品のコストは200万ドルになります。

3

当期の粗利益率を見積もります。前年の粗利益率から始めて、現在のビジネス状況に応じて数パーセントポイント調整します。粗利益率は、売上高に対する粗利益の比率であり、パーセンテージで表されます。粗利益は、売上と売上原価の差です。つまり、売上原価は売上と粗利益の合計です。

4

売上原価と粗利益の差である売上原価を決定します。例を続けると、粗利益率が40%で、売上高が$ 500,000の場合、粗利益は$ 200,000(0.4 x $ 500,000)で、売上原価は$ 300,000($ 500,000- $ 200,000)です。

5

販売可能な商品の原価から売上原価を差し引いて、最終在庫を見積もります。大災害により倉庫に甚大な被害が発生し、在庫全体を交換する必要がある場合、これは失われた在庫です。例を続けると、推定最終在庫は170万ドル(200万ドル-300,000ドル)です。

大災害によって部分的な損傷が発生した場合は、在庫を物理的にカウントし、推定終了在庫から差し引いて、失われた在庫を取得します。例を続けると、実地棚卸数で手持ちの在庫が$ 400,000に相当する場合、失われた在庫は$ 130万($ 170万-$ 400,000)になります。