組織の倫理規定の出典は何ですか?

ビジネス倫理規定は、組織がビジネスまたは社会で活動するときに使用する一連の確立された原則です。組織は、会社で働くすべての個人が同じ基準に従って動作することを保証するために、これらのコードを開発することがよくあります。ほとんどの個人は、彼らが人生で従う倫理または道徳的原則の内部コードを持っています。ある個人が倫理的に非難できると感じる状況は、別の個人にはそうではないように見えるかもしれません。ビジネスで倫理規定を使用することは、会社、政府機関、および一般の人々が関与する状況を処理するときに使用される許容可能な倫理的行動の基本的な理解を作成しようとします。

事業主

組織の倫理規定の主な情報源は事業主です。これらの個人は、組織のすべての側面に責任があるため、会社の倫理的スタンスを選択します。マネージャーと従業員は彼の倫理的価値観について事業主に同意しないかもしれませんが、所有者は彼の倫理的事業スタンスに同意する個人を雇うことを選ぶかもしれません。事業主はまた、個人および組織が事業または社会でどのように運営されるべきかに関する彼の個人的または宗教的信念に基づいて倫理規定を作成する場合があります。

組織の使命

企業は、組織の使命声明を使用して、倫理規定を作成することができます。事業主または起業家が会社を辞めるか、または引き継ぐと、組織は倫理的な羅針盤を欠く可能性があります。この状況を是正するために、現在の取締役またはマネージャーは、組織が開始されたミッションステートメントと価値観を見て、この情報に基づいて倫理規定を作成することができます。このビジネス倫理の源泉により、組織は、今後数年間会社に存在する可能性のある永続的な倫理規定を作成することができます。組織の使命声明とビジネス倫理規定を組み合わせて、会社に採用された新入社員のトレーニングツールとして使用することもできます。

社会または文化

組織の倫理規定は、会社が拠点を置く国の現在の社会的または文化的信念に基づいて作成される場合があります。多くの国では、ビジネス倫理やモラルについてさまざまな理解があります。組織は、社会的規範を維持するために、倫理規定の主な情報源としてこれらの価値観を採用することを選択できます。組織はまた、ビジネス倫理規定を使用して、国内の地域経済市場の消費者を疎外しないようにすることもできます。組織が国際的な事業所を開発する場合、グローバルな倫理的期待に応えるために組織の倫理規定を調整する必要があるかもしれません。