Illustratorをパワーポイントに変換する方法

アドビのベクターグラフィック編集ソフトウェアであるIllustratorCS5を使用して、高品質で印刷可能なグラフィックを作成します。Illustratorは、MicrosoftのプレゼンテーションソフトウェアであるPowerPoint 2010で動作するようには設計されていませんが、PowerPointにインポートできる高品質の画像をエクスポートすることができます。色空間や形式など、エクスポートされた画像のプロパティがPowerPointに適していることを確認する必要があります。複雑なIllustratorドキュメントをPowerPointに変換することは難しくありません。

1

Adobe Illustrator CS5を起動し、PowerPointに変換するドキュメントを開きます。

2

上部の[表示]をクリックし、[実際のサイズ]を選択して、ドキュメントがズームまたは拡大縮小されていないことを確認します。

3

上部の「ファイル」をクリックし、「ドキュメントカラーモード」を選択して「RGB」をクリックします。デフォルトでは、IllustratorはCMYK色空間を使用しますが、これはPowerPointには適していません。

4

「ファイル」をクリックし、「エクスポート」をクリックして、ドキュメントのエクスポートを開始します。[エクスポート]ウィンドウがポップアップします。

5

[ファイルの種類]ドロップダウンボックスで[BMP]を選択します。BMPファイルはPowerPoint2010と完全に互換性があります。

6

[ファイル名]テキストボックスに新しいファイルの名前を入力し、画像を保存するフォルダーを選択して、[保存]をクリックします。[ラスタライズオプション]ウィンドウがポップアップします。

7

Illustratorが高品質の画像を出力するようにするには、[解像度]セクションで[高(300 ppi)]を選択します。後でPowerPointでサイズを変更できます。

8

[アンチエイリアシング]ドロップダウンボックスで[なし]を選択し、[OK]をクリックします。BMPオプションウィンドウがポップアップします。

9

[ファイル形式]セクションで[Windows]を選択し、[深さ]セクションで[32ビット]を選択して、[OK]をクリックします。Illustratorドキュメントは高品質のBMPファイルとしてエクスポートされます。

10

AdobeIllustratorを閉じます。

11

Microsoft Office PowerPoint 2010を起動し、プレゼンテーションを開きます。

12

左側のペインからスライドを選択します。

13

PowerPointウィンドウの上部にある[挿入]をクリックします。

14

上部の[画像]をクリックし、前に保存したBMPファイルを選択して、[挿入]をクリックします。スライドに画像が挿入されます。

15

ニーズに合わせて画像のサイズと位置を変更し、「Ctrl-S」を押してプレゼンテーションを保存します。