ホスピタリティ産業におけるトレーニングと能力開発の重要性

ホスピタリティ業界は多様な労働力を使用しており、その中には強力な教育的要素がある場合とない場合があるさまざまな役職が含まれています。係員、清掃員、レストランのサーバーには、チェックイン担当者、コンシェルジュプロバイダー、マネージャーとは異なる要件があります。それでも、従業員全体がホテルのホスピタリティ文化を反映しているため、特定の価値観と基準について全員が上から下までトレーニングを受ける必要があります。

企業文化

すべてのホスピタリティ企業には、独自の特別な方法があります。丁寧なメイドが枕に故意に残したチョコレートのせいで、特定のホテルを覚えているかもしれません。クルーズラインはいつもあなたを迎えるためにベッドに座っているタオルモンキーを作るかもしれません。トロピカルホテルはあなたが到着した瞬間にレイ挨拶をするかもしれません。

これらはすべて、ゲストの体験を向上させるように設計された企業文化の構成要素です。各場所でのトレーニングは、すべての人が一貫した体験をするのに役立ちます。

大規模なチェーンのスタッフ間で一貫性を保つために、トレーニングも重要です。枕の毛羽立ちの仕方から、便利さやリラクゼーションのためのロビーのデザインまで、チェーンは、多少のカスタマイズはありますが、同じ文化を反映する必要があります。したがって、ホノルル、サンフランシスコ、シアトル、ジュノー、ニューヨーク、アトランタ、ワシントンDC、デンバー、またはダラスのヒルトンに滞在している場合、ホスピタリティスタッフの行動と行動について一貫性を保つ必要があります。

人材の育成とトレーニング

多くのホスピタリティワーカーは、エントリーレベルのポジションから始めて、より高いレベルの仕事に昇進します。企業が人材育成に時間をかけると、上級管理職に育成できる人材を認識しやすくなります。

ホスピタリティ業界向けのトレーニングは多様です。基本的なスキルには、コミュニケーションとホテルのゲストとの交流方法が含まれます。スタッフはゲストから1つのユニットとして認識されるため、チームワークトレーニングとダイバーシティトレーニングも含まれます。スタッフは特定のゲストのバックグラウンドが何であるかを決して知らないので、異なるバックグラウンドの人々と一緒に働くことを学ぶことは不可欠です。それでも、ゲストエクスペリエンスはすべての人にとって同じである必要があります。

問題解決とサービス

素晴らしい体験につながる素晴らしいサービスは、ホスピタリティ業界の目標です。これは、ホスピタリティリーダーがスタッフで開発する必要があるものです。物事はうまくいかない。それは人生の一部です。たとえば、ゲストに間違った予約が与えられ、問題が友好的かつ前向きな方法で解決されない場合、ゲストは楽しい経験をすることができません。目標は、問題を解決して、ゲストが解決策に満足し、理想的には戻ってきたいと思うように滞在を続けたいと思うようにすることです。

安全性と保安

ホテルに危険が生じた場合、ゲストはスタッフに指示を求めます。結局のところ、スタッフは土地の産地を知っていますが、ゲストはなじみのない領域にいます。スタッフは安全の基本について訓練を受ける必要があり、多くの人は必要に応じて応急処置とCPRを行うことができます。ホスピタリティ業界はまた、スタッフを準備し、自然災害や潜在的なテロ活動が発生した場合の計画を立てる必要があります。これは非常に重要です。スタッフが何をすべきかわからない場合、混乱が発生します。人々は最善の行動方針を決定しようとしているときにパニックに陥るからです。