マクロおよびマイクロマーケティングの計画と戦略

マーケティングはあらゆるビジネスにおいて重要な役割を果たします。これは、ブランドの認知度を高め、見込み客を育成し、リードを顧客に変え、ブランドの忠誠心を構築するために使用されます。企業が戦略を作成するために実装できるマーケティング理論はたくさんありますが、マクロマーケティングとミクロマーケティングの2つの角度が一般的です。マーケティングへのアプローチは異なりますが、これらの理論は両方とも連携して機能し、企業がマーケティング目標を達成するのに役立ちます。

マクロマーケティングによる外的要因の調査

マクロマーケティングは、ビジネスに影響を与える外部要因を調べます。このマーケティングへのアプローチは範囲が広く、社会とビジネスの交差点を考慮しています。マクロマーケティングを使用する組織は、製造および生産プロセスや特定の種類の消費者の購入パターンなどの要素を調べます。

マクロマーケティングの目標は、ビジネスを成長させる方法を学ぶために、マーケティングと社会がどのように相互作用するかを理解することです。製品開発、ブランド戦略、消費者行動、市場規制、企業の社会的責任は、マクロマーケティングに関係するものの一部です。

たとえば、持続可能な衣料品店を経営する中小企業の経営者は、マクロマーケティングを使用して、環境に配慮した製造プロセスに関連する消費者行動パターンを理解できます。これは、アップサイクルされた衣類を消費者ベースに売り込む方法を理解するのに役立ちます。

マイクロマーケティングでニッチをターゲットにする

全体像を見るマクロマーケティングとは異なり、マイクロマーケティングはすべてセグメンテーションに関するものです。企業は、いくつかの特性に基づいて、オーディエンスのごく一部をターゲットにしています。セグメント化されたオーディエンスは、人口統計、購入履歴、収入、職務内容、地理的位置、およびその他の多くの要因によって絞り込むことができます。アイデアは、ビジネスの提供に一致するように非常にターゲットを絞った市場リストを開発することです。

たとえば、大規模な消費者ベースに広告を出す代わりに、マイクロマーケティングは、消費者の特定のニーズを十分に理解し、それらのニーズを満たすための特定のソリューションを提供することです。顧客満足を達成するために、企業はマーケティングの4つのPを使用して、消費者をターゲットにします。製品、価格、場所、およびプロモーションです。

たとえば、中小企業の経営者が地元の自動車修理店を経営している場合、マイクロマーケティングを使用して、理想的な顧客をターゲットにすることができます。車を所有している人に広告を出す代わりに、特定のブランドの車や特定の年齢の車を所有している個人をターゲットにすることもできます。そうすることで、彼は顧客ベースを絞り込み、競合他社よりも優位に立つ高度に専門化されたサービスを顧客に提供できます。

包括的なマーケティング戦略の作成

成功するマーケティング戦略には、マクロマーケティングとミクロマーケティングの両方の要素が含まれます。企業は、包括的で影響力のある戦略を作成するために、これらの両方の観点を考慮する必要があります。マーケティング戦略を作成する最初のステップは、目的を定義することです:あなたのビジネスはあなたのマーケティング活動で何を達成したいですか?たとえば、ブランドロイヤルティを構築したいですか、それとも特定のプロモーションの売り上げを増やしたいですか?

目標が特定されたら、マクロマーケティングを使用して、ビジネスが社会全体のどこに適合し、マーケティングが社会にどのように影響するかを理解します。たとえば、あなたの製品は文化的または環境的レベルで社会にどのように影響しますか?消費者はこの影響にどのように反応しますか?

マクロマーケティングコンポーネントを確認したら、提供内容に関連する要因に基づいてセグメント化することにより、オーディエンスを絞り込みます。たとえば、提供物が高価格である場合は、収入や消費の習慣に基づいてセグメント化する必要があります。特定の年齢層向けのサービスを提供している場合は、その人口統計に当てはまらないユーザーを除外する必要があります。マクロとミクロの両方のマーケティング要因を考慮することにより、企業は消費者により効果的にアピールする戦略を作成できます。