貸借対照表の利益剰余金を決定する方法

貸借対照表には、中小企業経営者向けの豊富な財務情報が含まれています。貸借対照表には2つの列があります。左の列は会社の資産を示し、右の列は会社の負債合計と利益剰余金、または所有者の資本を示します。貸借対照表の左右の列の合計は等しくなければならないため、ビジネスの総資産と負債がわかっている場合は、利益剰余金を簡単に計算できます。

1

貸借対照表の左側の列に記載されているように、会社の総資産を書き留めます。

2

右側の列の上半分にある負債の合計を自分で書いてください。

3

総資産から総負債を差し引きます。これにより、ビジネスの内部留保が得られます。