ビジネスおよび財務レポートの例

企業の頻繁に多様化する事業活動は、市場の特性の変化と相まって、事業の財務および運営の健全性を正確に把握することを困難にすることがよくあります。ビジネスのマネージャーは、会社のステータスの全体像を把握するために、日常業務を超えて移動することが特に難しいと感じるかもしれません。構造化されたレポートは、この情報を提供するのに役立ち、企業は資金調達、投資、市場拡大、およびその他のビジネスチャンスについて決定を下すことができます。

競合分析

企業の競合分析は、市場の競合他社と比較したビジネスのスナップショットを提供します。表形式の分析は、製品、販売戦略、信用慣行、広告などの識別可能な要素を対象としています。競合分析では、企業の評判、信頼性、外観などの概念変数にも名前を付けます。各要素をビジネスの長所または短所として指定し、競合他社の同じ要素を評価します。累積的に、このデータはあなたの市場のプレーヤーの多面的な絵を提供します。分析により、優れた領域と、改善の恩恵を受ける機能を特定できます。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフローは、指定された期間における企業の資金源と資金の使用を反映しているため、企業のキャッシュフローはその生命線を表しています。キャッシュフロー計算書には、顧客への現金販売など、一般的な事業運営からの純収入が表示されます。従業員の給与とサプライヤーの支払いも、運用キャッシュフローデータに貢献します。普通株式の売却やローン期間の変更などの外部財務活動による純キャッシュフローは、もう1つの重要な要素です。機器の取得または販売による純キャッシュフローは、企業のオプションの投資活動を反映しています。当社は、特定の期間における他のステートメント構成要素の変動によって累積的に引き起こされた市場性のある有価証券および現金の純変動を比較して、数値が同じ期間の貸借対照表の現金変動の数値と一致することを確認します。

バランスシート

会社の貸借対照表には、会社の総資産ドルが記載されています。共通の資産には、会社所有の機器、在庫、車両、手元現金が含まれます。資産には、製品の商標や登録特許などの無形のコンポーネントも含まれます。対照的に、負債は、他のエンティティに対する企業の累積的な負債を示します。例としては、銀行ローン、建物の家賃、税金の費用などがあります。株主資本は、所有者資本とも呼ばれ、企業が負債を償還するために資産を売却した後に残るドル価値を表します。一般的な会計用語では、総資産の価値は、負債と株主資本の合計と等しくなければなりません。

年間報告

企業は、前年のビジネス環境、企業の経営成績、および翌年の予測を要約した年次報告書を発行および配布します。年次報告書には通常、業界の説明と会社の事業セグメントに関する議論が含まれています。独立して監査された財務諸表は、経営陣の財務諸表分析および過去2年間の財務諸表結果の掲載とともに、年次報告書の締めくくりに役立ちます。 1934年以来、米国証券取引委員会は上場企業に年次報告書の提出を義務付けています。営利および非営利企業はこれらのレポートを定期的に提出します。