コンピュータプロセッサの目的

コンピュータは、低価格で多くのブランドから選択できる商品になるまでになりました。このテクノロジーの進歩により、ほとんどすべての人がパーソナルコンピューティングを手頃な価格で利用できるようになり、彼らが実行するタスクによって、他の方法よりもはるかに簡単に私たちの生活ができるようになりました。ただし、コンピューターはスマートではなく、高速であり、プロセッサーにはコンピューターの他のすべての部分を制御する役割があります。

コンピュータプロセッサ

コンピュータには、プロセッサ、メモリ、ストレージ、読み取り専用メモリ、およびこれらすべての間の通信パスを提供するコネクタなど、多数のコンポーネントがあります。プロセッサは、他のすべてのコンポーネントの頭脳またはトラフィックディレクターであり、どのコンポーネントがいつ何を実行できるかを指示します。プロセッサ、つまりCPUは、他のすべてのコンポーネントがコマンドで入札を行うだけで、実際の思考が進む場所です。

プロセッサ構造

プロセッサは、電荷の強さに基づいて電荷を処理する半導体で作られたトランジスタが埋め込まれたシリコンの層で構成されています。最新のコンピュータプロセッサには、さまざまな操作を実行するために高速で動作する数百万または数十億もの組み込みトランジスタがあります。現在、多くのプロセッサには複数のプロセッシングコアが含まれているため、プロセッサはシングルコアCPUよりもさらに高速に実行されます。

コントロールユニット

プロセッサの制御ユニットは、入力データと出力データに指示を与える部分です。制御ユニットは、命令を取得してデコードし、命令を算術論理ユニットまたは他のコンピュータコンポーネントに渡して、作業ユニットを完成させます。コントロールユニットは、プロセッサのトラフィックディレクター部分と呼ばれることがよくあります。

算術論理演算装置

算術論理演算装置は、コンピュータプロセッサのもう1つの主要コンポーネントであり、制御装置から渡された命令を実行します。その仕事は、数学を行い、次に何をすべきかについて決定を下すことです。ALUが情報を処理し、渡された命令を実行すると、ALUは情報をメモリに渡して保存し、後でプロセッサがアクセスできるようにします。