小売マーケティングの重要性

効果的な小売マーケティングは、今日の製造業者にとって極めて重要です。小売店に存在しないと、企業は小売店が提供する高レベルの露出または広範な製品流通を達成することはめったにありません。小売業者は、製品を直接顧客に宣伝することから、顧客に製品を表示およびテストする機会を与えることまで、幅広いマーケティングサービスを実行することにより、中小企業を支援できます。

歴史的重要性

マルコム・サリバンとデニス・アドコックの著書「小売マーケティング」によると、歴史的に、製造業者は小売業者よりも強力でした。小売業者が製品の価格設定、棚の配置、店内プロモーションなどに関する製造業者の要求に従わなかった場合、製造業者は小売業者への供給を拒否し、代わりに競合他社と協力することを選択する可能性があります。

現代の小売マーケティング

サリバンとアドコックによると、最近では、技術的、文化的、経済的変化により、勢力均衡が小売業者にシフトしています。たとえば、小売業者は顧客の買い物データを追跡できるようになりました。これは、製造業者が直接アクセスできない消費者調査の重要な情報源を提供します。また、小売店は店内ブランドを立ち上げており、大手メーカーとの競争相手となっています。言い換えれば、小売業者が能力と力を増すにつれて、小売業者と協力できることは、ビジネスモデルが一般的な消費者に見えることに依存している製造業者にとってますます重要になっています。

小売ブランドの力

企業は小売業者を連絡係と考えることができます。小売店には消費者にとって何かを意味するブランドがあり、製品を適切な小売ブランドとリンクさせることは、成功と失敗の違いを意味する可能性があります。たとえば、家具を製造している場合、有名な家具小売店と取引を行うと、大量の露出と爆発的な売り上げの増加を意味する可能性があります。それは、小売業者があなたの製品を店に置く際にあなたのビジネスを保証したからです。

小売業者の機能

JeskoPerreyとDennisSpilleckeによる著書「小売マーケティングとブランディング:ROIを最大化するための決定的なガイド」によると、小売ブランドは通常、3つの重要なマーケティング機能を果たします。まず、すべての小売ブランドにはイメージがあり、会社をそのイメージにリンクすると、適切な消費者をターゲットにするのに役立ちます。第二に、小売ブランドは消費者が情報を処理するのを助けます。たとえば、小売ブランドでは、競合する2つまたは3つのメーカーのみが店舗に供給できる場合があります。これは、これらのメーカーが作物のクリームであることを消費者に示唆しています。最後に、小売ブランドは、たとえば、顧客が製品を物理的に処理し、必要に応じて不十分な購入を返品できるようにすることで、購入者にセキュリティを提供します。