従業員の評価は人事によってどのように行われますか?

従業員の評価は企業にとって重要なツールであり、雇用主と従業員に利益をもたらします。人事部門は、評価が効果的に行われ、得られた知識が従業員の育成や、採用やトレーニングなどの人事プロセスに使用されることを保証する上で重要な役割を果たします。従業員の評価プロセスを効果的に設計、実装、管理、および改善する人事部門は、サービスを提供する企業に測定可能な影響を与える可能性があります。

仕事の説明

効果的な従業員評価の出発点は、職務記述書です。職務記述書は、そのポジションにいる従業員の義務と責任を概説し、従業員が評価される基礎を築きます。

コアコンピタンス

従業員は、仕事で成功するためにコアコンピテンシーを持っている必要があります。職務記述書に概説されているタスクと成功するために必要なコアコンピテンシーの組み合わせは、評価のためのフレームワークを提供します。

フォームと管理

すべての評価プロセスには、従業員とそのマネージャーに伝達されるフォーム、ポリシー、および手順を含む管理が必要です。これらのシステムの重要な部分には、従業員のパフォーマンスを評価するために使用される評価システムが含まれます。

管理のためのトレーニング

効果的な従業員評価システムを確保するための最も重要な側面は、従業員の業績評価を担当する上司と管理者にトレーニングを提供することです。あまりにも多くの場合、マネージャーはどのようにそして何をすべきかを知っていると想定されます。管理者と監督者に特定のトレーニングとリソースへのアクセスを提供する人事部門は、評価プロセスが効果的であることを保証できます。

監視と改善

評価システムが永遠に停滞することはありません。組織のニーズの変化(職務要件の変化)と従業員とマネージャーの離職は、トレーニングを継続する必要があることを意味します。人事部門は、評価システムを継続的に監視して、従業員、マネージャー、および組織全体のニーズを満たしていることを確認する必要があります。