職場で優れたコミュニケーションスキルを身に付ける方法

コミュニケーションスキルは、ビジネスを運営する上で必要な部分です。さまざまな方法で従業員とコミュニケーションできる必要があります。コミュニケーションの3つの主要なスタイルは、言語、非言語、および書面です。これら3つのスタイルを習得することで、職場での優れたコミュニケーションスキルを身に付け、従業員とより効果的にコミュニケーションをとることができます。コミュニケーションのある分野で自然に強い場合、他の分野を発展させるのに少し時間がかかるかもしれませんが、時間と練習があれば成功することができます。

1

明確で簡潔な口頭でのコミュニケーションに取り組みます。従業員が理解できる情報と指示を従業員に伝えることができる必要があります。タスクの実行方法を完全に理解しているかもしれませんが、はっきりと話していない場合、タスクを完了するために必要な手順が翻訳で失われる可能性があります。タスクをステップに分割し、指示を難読化または過度に複雑にしないようにします。

2

送信する前に、声に出して書いたものをすべて読んでください。書面によるコミュニケーションは習得するのが難しいスキルになる可能性があります。ライティングスキルを向上させる簡単な方法の1つは、今書いたものを自分自身に読み返すことです。これは、文法やつづりの間違いを見つけるのに役立つだけでなく、コミュニケーションが明確であることを確認するのにも役立ちます。

3

オープンボディランゲージを練習します。非言語コミュニケーションは芸術です。私たちは知らないうちに常に情報を発信しています。腕を脇に置き、聴衆に向かって少し傾け、腰を直角にして、聴衆に直接向き合うようにして、ボディランゲージを開いたままにします。

4

話すだけでなく聞く。優れたコミュニケーターであるという芸術は、あなたのメッセージを伝えることができるだけでなく、人々が言わなければならないことを聞くこと、そして聞くことの芸術を発展させることにもあります。良い聞き手は、スピーカーに感謝と価値を感じさせます。これは職場で欠かせないスキルです。

5

人前で話すコースまたは講義に参加します。人前で定期的に話をしなくても、より良いコミュニケーションスキルを身に付けるための旅を続ける必要があります。人前で話す人が採用したスキルは、1日を通して1対1で数人の従業員としかやり取りしない場合でも翻訳されます。