GAAPによる陳腐化した在庫の会計方法

企業が販売できない在庫を持っている場合、陳腐化した在庫を費用として償却する必要があります。この費用の会計方法は、企業が棚卸資産に処分価額があるかどうかを判断し、棚卸資産の簿価からこの値を差し引き、差額を予備勘定に取っておくことです。このステップにより、売上原価勘定への借方と、廃止された在庫勘定の引当金への貸方が発生します。

在庫の処分

企業が陳腐化した在庫を取り除くと、企業は陳腐化した在庫勘定の引当金を借方に記入し、在庫勘定に貸方記入します。企業が在庫の支払いを受け取れない場合、費用の償却は在庫の簿価と同じになります。ただし、企業が大幅に値下げされた価格で在庫を処分でき、費用として価値の一部を償却するだけでよい場合もあります。

問題

陳腐化した棚卸資産の会計処理は簡単ですが、大量の陳腐化した棚卸資産を費用として償却すると、企業の財務諸表に大きな影響を与える可能性があるため、問題が発生します。管理者は、償却を取り、損益計算書に示されている収入を減らすことに気が進まない場合があります。管理者は陳腐化した在庫を少しずつ帳消しにしたくなるかもしれませんが、GAAPでは明らかにすべての陳腐化した在庫を一度に償却する必要があります。大規模な償却を防ぐ2つの方法は、在庫の陳腐化を頻繁に確認することと、陳腐化の費用準備金を年間予算に含め、材料審査委員会に使用を促すことです。

税金に関する考慮事項

企業はいつでも帳簿上の陳腐化した在庫を帳消しにすることができますが、在庫を売却、破棄、または適切な慈善団体に寄付することによって在庫を取り除く場合にのみ、税額控除を受けることができます。

その他の考慮事項

陳腐化した在庫を監視することは、いくつかの理由で重要です。第一に、外部監査人は陳腐化した準備金を探します。第二に、陳腐化した在庫を取り除くことで、税額控除を提供し、他の用途のためにスペースを解放することができます。