組織統合のメリットは何ですか?

中小企業の経営者は通常、成功するために、市場に関する深い知識、事業運営の効果的な管理、勤勉など、さまざまなスキルを必要とします。売上と利益を増やす1つの方法は、事業統合と呼ばれるプロセスを介することです。このプロセスは、間接費と生産コストを削減し、追加の収益源を生み出し、熟練したマネージャーを引き付け、規模の経済を実現するように設計されています。

コストを削減

事業活動の統合により、運用の冗長性が減少し、余分なスタッフと管理機能が排除されます。その結果、運用コストと資本コストが減少し、収益の改善に役立ちます。たとえば、航空会社の合併により、メンテナンス施設が統合され、施設の面積とメンテナンススタッフの両方の利用率が向上します。統合プロセス中に、ビジネス機能は頻繁に再設計され、これらの機能をさらに効率的にするシステムが展開されます。航空会社の合併では、商品やサービスの取得を一元化できるため、合併後の企業は全社的な価格設定ポリシーを採用できます。

収益を増やす

ビジネスは、有機的な成長または買収を通じて拡大します。ある会社が別の会社を買収すると、国内または国際的に顧客にサービスを提供するのに十分な規模になる可能性があります。この種の組織統合は、企業の市場規模を拡大し、その結果、売上と利益の増加につながる可能性があります。市場規模の拡大は、企業の事業ラインを拡大する機会も提供し、売上と利益の増加にもつながる可能性があります。

パートナーシップを引き付ける

事業統合は、企業が業界のリーダーになるための1つの手段です。規模が大きくなると、企業は地域または国のブランドを確立し、より大きな購買力を得ることができます。企業がライバル企業を買収すると、競合他社の数が減ります。また、業界サプライヤーの顧客数も削減されます。これにより、合併後の会社は、サプライヤーとのより良い取引を得るための交渉力を高めることができます。

規模の経済を高める

事業の統合により、重複する資産が排除され、経済的な節約になります。ビジネス内の施設の数を減らすことで、コストを節約し、より効率的に運用できます。この統合により、生産やマーケティングなどのビジネス機能間のコミュニケーションが改善され、人員を削減してシステムとプロセスを統合することで節約を実現できます。たとえば、ジェットエンジンの製造業者は、十分に活用されていない製造工場を閉鎖し、別の工場に追加の生産ラインを設置する場合があります。 1つの工場を閉鎖することで、同社は人件費と諸経費、および設備投資を削減します。