脱獄せずにiPadでディクテーションを取得する方法

タブレットで音声ディクテーションを取得するためにiPadをジェイルブレイクする必要はありません。大きなドキュメントを口述するためにサードパーティのアプリをインストールする必要はありません。Siri(Appleのデジタルパーソナルアシスタント)は、デフォルトでドキュメントとテキスト対応アプリのディクテーションを受け入れます。iPadを最初にセットアップするときに、Siriを有効にするか無効にするかを選択します。この機能を無効にすることを選択した場合は、[設定]メニューで再度有効にすることができます。

ディクテーションのためにSiriを有効にする

1

iPadのホーム画面で「設定」アイコンをタップして設定アプリを起動します。

2

「一般」タブをタップしてから、「Siri」をタップします。

3

「Siri」トグルを右にスライドして、この機能を有効にします。確認ダイアログボックスが開きます。

4

「有効」をタップして、機能の有効化を確認します。Siriを有効にすると、スペースバーの左側にある仮想キーボードにマイクを表示するキーが追加されます。

5

「言語」タブをタップして、言語を選択します。「VoiceGender」オプションをタップしてから希望の性別をタップすると、Siriの声の性別を変更できます。

6

[音声フィードバック]タブをタップし、コマンドの実行後にSiriからフィードバックを受け取る設定を選択します。

ディクテーションを使用する

1

メッセージ、メール、ページ、またはその他のテキスト対応アプリを開き、新しいドキュメントまたはメッセージを作成します。

2

テキストフィールド内をタップしてから、仮想キーボードの「マイク」キーを押します。音声ディクテーション画面が開きます。

3

句読点を含む単語やフレーズを話します。

4

「完了」をタップして話すのをやめ、Siriにテキストをレンダリングさせます。テキストのレンダリングはAppleサーバーで行われるため、入力したテキストを表示するには数秒待つ必要がある場合があります。テキストは、テキストボックスに音声で表示されます。