慈善団体は非営利団体と同じですか?

慈善団体は非営利団体として始まりますが、すべての非営利団体が慈善団体になるわけではありません。公共サービス組織が異なれば、財政的ニーズや目標も異なり、すべてが連邦税控除のステータスを必要とするわけではありません。さまざまな非営利団体の分類を理解すると、組織に適したステータスを選択するのに役立ちます。

非営利法人

非営利の承認は州レベルで始まります。組織は国務長官と合流し、その目標に基づいて非営利のステータスを要求します。申請書には、目的を含む組織の簡単な説明を含む定款を含める必要があります。非営利の企業ステータスは、州の売上税と所得税の免除、州の助成金へのアクセス、州が非営利団体に提供するプログラムへの参加などのメリットを提供します。非営利団体の規模とその運営地域によっては、組織は連邦税控除または慈善団体のステータスを求める必要がないと感じる場合があります。

慈善財団

慈善団体は、公共の利益のために資金を集めて支払います。これは、たとえば、特定の人々のグループのニーズに応え、それを前進させるために存在する業界団体の非営利活動とは異なります。組織が非営利法人になった後、内国歳入庁に501(c)ステータスを申請できます。 IRSは、さまざまなメリットを提供し、さまざまな制限がある50を超えるさまざまな501(c)分類を授与します。慈善団体は寄付者に税金の減税を提供する寄付を集めることができますが、業界団体はできません。これが、一部の501(c)(6)業界団体が501(c)(3)財団を設立する理由です。