就労ビザに関する移民のための連邦税法

労働者が米国市民でなくても、連邦税法を遵守する必要があります。移民、または米国に永住する権利を有する外国人は、米国市民と同じ税金を支払います。雇用ベースのビザで国内に滞在する移民を雇用する場合、他のスタッフと同様に源泉徴収の対象となります。

移民

ほとんどの労働者は、政府が就労ビザを付与する前に、しっかりとした求人と労働省による認定を必要とします。高度なスキルを持つ科学者、アーティスト、幹部、または研究者は、米国で働き続けることを計画している場合、特定の求人なしで応募できます。米国のビジネスベンチャーに少なくとも500,000ドルを投資することをいとわない外国人もビザを申請することができます。政府がビザ申請を承認すると、永住者カードを発行します。これは、移民が希望する限り国内に留まる資格を与える「グリーンカード」です。

税法

移民がグリーンカードを受け取ると、彼女は「税務上の居住者」になり、賃金、給与、ボーナス、手数料、その他の補償をIRSに報告する必要があります。同じことが、利子、配当、賃貸物件、ロイヤルティ、その他の収入にも当てはまります。彼女はまた、米国居住者である間に海外で稼いだ収入に対しても税金を支払わなければなりません。彼女がグリーンカードを取得する前に非居住外国人として米国で働いていた場合、彼女がその国に滞在した期間によっては、その収入も課税対象となる可能性があります。

源泉徴収

移民の従業員の場合、他の従業員の場合と同様に、所得税、社会保障、およびメディケアの源泉徴収を給与から差し引きます。標準のIRS規則は、給与、時給、またはチップを獲得しているかどうかに関係なく適用されます。非居住者の外国人はより高い源泉徴収税率を支払うため、移民労働者はW-9フォームを提出して彼らのステータスを確認し、適切な金額を確実に引き出す必要があります。源泉徴収を怠った場合、米国市民と同じ罰則が科せられます。

非移民労働者

一時ビザであなたのために働く外国人従業員も、IRSの実質的存在テストに合格した場合、「税務上の居住者」になります。労働者が3年間で米国に183日間滞在し、3年目に少なくとも31日間滞在した場合、源泉徴収する必要があります。 IRSは、非居住者労働者に対する複数の例外と特別なケースを詳しく説明しています。これらはすべて出版物519に記載されています。