GAAPで見越と繰延を調整する方法

一般にGAAPの頭字語で呼ばれる、一般に認められている会計原則では、企業は収益を獲得したときに収益を認識し、発生したときに費用を認識する必要があります。現金支払いまたは現金受領のタイミングは、収益または費用が認識される時期とは異なる場合があるため、発生主義および繰延勘定は、発生主義会計を順守するために使用されます。

費用の発生

ある期間に5,000ドルの費用が発生したが、期末までに支払われなかった場合、または請求書が期末までに受領されなかった場合、次の調整入力が期末に会社の総勘定元帳に行われます。

借方費用5,000クレジット買掛金5,000

支払い時に、ブックキーパーは次のエントリを作成します。

デビット買掛金5,000クレジットキャッシュ5,000

借方は買掛金への前の貸方を相殺し、その結果、取引に支払うべき金額がゼロになることに注意してください。

繰延費用

サービスの前払いが期末までに行われたが、サービスが将来の期間まで行われない場合、次の調整エントリが月末に前払い費用、資産勘定に対して行われます。

デビットプリペイド費用5,000クレジットキャッシュ5,000

費用が認識された場合、現金の受領は影響を与えないことに注意してください。サービスを受けた翌月、ブックキーパーは月末までに次のエントリを作成します。

借方費用5,000貸方前払い費用5,000

収益の発生

5,000ドルの商品が期間中に販売されたが、期末までに支払われなかった場合、または請求書が期末に顧客に請求されなかった場合、会計士は会社の帳簿に次の調整エントリを予約します。 :

借方売掛金5,000貸方収入5,000

顧客が翌月に購入の支払いをした場合、支払いを記録するためのエントリは次のようになります。

デビットキャッシュ5,000クレジット売掛金5,000

繰延収益

顧客が、将来の月まで配達の準備ができていない製造品に対して5,000ドルの前払いを行った場合、貸借対照表の負債勘定である繰延収益に対して次の調整が行われます。

デビットキャッシュ5,000クレジット繰延収益5,000

現金の受け取りは、収益が得られたときに影響を与えないことに注意してください。商品が配達された月に、月末までに次のエントリが作成されます。

デビット繰延収益5,000クレジット獲得収益5,000