事務用品リストの作り方

あなたがホームオフィスからあなたの会社を経営している個人事業主であろうと、オフィススペースを借りている中小企業の所有者であろうと、繁栄するビジネスはよく組織されたオフィス管理を必要とします。オフィス管理には、ビジネスの日常業務に不可欠なすべての必要な事務用品の保守が含まれます。重要なドキュメントを印刷するときに紙が不足したくないことは確かですが、不要な事務用品を保管して貴重なお金を無駄にしたくないこともあります。事務用品リストでこれらのアイテムを追跡します。

1

あなたの会社を歩き回って、手元にあるさまざまな事務用品に注意してください。オフィスなどの1つの場所から始めて、供給クローゼット、休憩エリア、バスルームなど、他のすべてのエリアを確認します。

2

あなたが持っている各アイテムの数を書き留めてください。在庫を取得するときに、追加の種類の事務用品が必要かどうかに注意してください。

3

MicrosoftWordやExcelなどのワードプロセッシングまたはスプレッドシートプログラムを開きます。利用可能な在庫リストテンプレートを使用するか、最初から作成します。

4

消耗品をグループに分けるカテゴリリストを作成します。紙製品、プリンター用品、ファイリング用品、クリーニング用品、郵送品、筆記具、休憩室用品、デスクトップ用品、その他などのカテゴリタイトルを使用します。

5

オフィスのウォークスルー中に書き留めた情報を使用して、各カテゴリの詳細を入力します。完成したサプライリストに名前を付け、保存して印刷します。

6

簡単にアクセスできるように、このリストをデスクに保管してください。さまざまな消耗品を使用する頻度と、アイテムを交換するのにかかる時間(同じ日にローカルでアイテムを購入できるかどうか、1週間前にアイテムを注文する必要があるかどうかなど)を継続的にメモします。

7

重要な在庫を維持するために、必要に応じて事務用品を注文または購入します。約6か月ごとに事務用品リストを確認および更新します。