調整済み会計と未調整会計

未調整および調整済みの会計残高は、財務記録を報告するすべてのビジネスの会計サイクルの一部です。会計士は、試算表を作成し、会計期間中に事業に出入りしたすべてのペニーを精査した後、未調整の会計番号を取得し、調整済みの番号を作成します。

調整された会計定義

企業がその年の会計帳簿を閉じる前に、会計士はその年のすべての取引を分析し、必要に応じて調整を行う必要があります。調整されたアカウントには、その年の借方または貸方に他の金額はなく、会計士はそれを試算表から貸借対照表に転送できます。たとえば、会計士は「売掛金」アカウントを分析して、その年の間にアカウントを減らすような支払いを行ったベンダーがないかどうかを確認します。ベンダーが200ドルの残高を支払った場合、会計士は200ドルを借方に記入し、「収入」アカウントに同じ金額を貸方記入することによって「売掛金」アカウントを調整します。

未調整の会計定義

未調整勘定は、会計期間の終わりに勘定が調整プロセスを開始する開始金額です。未調整の勘定は、会計期間中に発生した収益、費用、または資本の変動を反映していません。未調整勘定の開始額は、通常、前会計期間の終わりからの調整済み勘定の終了額です。たとえば、会社の株主資本勘定が前の期間に調整済みの金額$ 10,000で閉鎖された場合、次の期間の開始時の未調整の金額は$ 10,000になります。次に、会計士は、現在の会計期間の調整額を計算するために、資本への変更を因数分解します。

エントリー場所

会社の会計士は、会社の会計帳簿の未調整の試算表でのみ未調整の会計値を使用します。未調整の会計仕訳は報告可能な値ではないため、会計士はこれらを総勘定元帳に転記することはできません。ただし、調整後の会計仕訳は、会計期間の会社の収益と費用の最終的な変化を反映する報告可能な値です。会計士は、調整された会計仕訳を総勘定元帳に転記して、会社の経営陣やその他の利害関係者がそれらを分析できるようにします。

考慮事項

クライアントのビジネスの内外を知っている会計士だけが、会社の未調整の会計値を調整する必要があります。会計士が社内の従業員でない場合、または企業が外部の会計事務所を使用している場合は、請求書、領収書、および取引のすべての証拠を、発生したらすぐに会計士に渡す必要があります。クライアントのビジネストランザクションに関する最新の知識が常にない会計士は、会計期間の終わりに試算表を調整するときにエラーを引き起こす可能性があります。