売上差異分析

企業は定期的に売上の差異を分析して、月次、四半期、または年次の会計サイクルにわたる収益パフォーマンスを説明します。結果として得られる販売差異の説明は、企業が問題を切り分け、将来の販売およびマーケティング活動を売上成長の増加に向けて調整するのに役立ちます。販売差異分析は、比較ベンチマーク(通常は企業の販売予算)に依存しています。実際の売上と予算の売上の変動にはいくつかの説明があり、根本的な原因を明らかにするために入念な分析作業が必要になる場合があります。

販売価格と生産差異

アナリストは、過去の販売結果を確認するときに、それらを会社の予算または見積もりの​​販売実績と比較します。結果が一致しない場合、アナリストはもっともらしい意味のある説明を見つける必要があります。たとえば、販売された製品の量の違いにより、予算と実際の結果の間に販売の差異が生じる可能性があります。販売価格の変動は、企業が予算目標を達成するのに十分な量を販売するために価格を下げる必要がある場合など、変動を引き起こしたり、その一因となる可能性もあります。さらに、予算の計画生産量は10,000ユニットである可能性がありますが、実際には、同社は15,000ユニットを生産することで生産予想を上回りました。

製品ミックス

複数のタイプまたはスタイルの製品を販売している企業は、不正確に予測された製品構成に起因する売上変動を経験する可能性があります。企業はさまざまな方法を使用して予算を組み立てます。収益予算がパーセンテージを使用してさまざまな製品から期待される収益の予算予想を割り当てる場合、企業が製品構成を効果的に割り当てなかった場合、差異が発生する可能性があります。消費者の傾向または好みの変化は、会社の予算に対する製品販売の差異を引き起こす可能性のある2つの外部要因です。

マーケティングプログラム

企業がマーケティングプログラムにお金と労力を投資するとき、彼らは売り上げの増加を保証しません。消費者の嗜好が変化すると、前年のマーケティングキャンペーンでは同じ製品の販売結果が得られず、過去の結果に基づく予算との差異が生じる可能性があります。逆に、新しいまたは特に効果的なマーケティングプログラムは、予算の期待を上回り、売上高の変動を引き起こす可能性があります。

市場占有率

企業は競争をコントロールできず、競合他社が強力なマーケティングキャンペーンや新製品を導入した場合、販売市場シェアが計画外に低下する可能性があります。新しい競合他社はまた、既存の会社の市場シェアを会社が予想する以上に減らし、会社の売上を減らし、予算の変動を引き起こす可能性があります。

経済状況

企業が経済の変化を考慮して予算を調整したとしても、これらの変化の影響を常に正確に予測できる企業はありません。特に消費者が基本的なニーズを考慮していない製品やサービスを販売している企業にとって、経済不安は、販売の変動や販売実績の予想以上の変化を引き起こす可能性があります。これは、会社の予算に対する売上高の差異につながる可能性があります。