12列の簿記システムを設定する方法

多くの企業がコンピューター化された簿記システムを使用して毎日の金融取引を記録していますが、ビジネスを始めたばかりでコンピューター化したくない場合は、12列の簿記システムが資金を追跡する簡単な方法です。このタイプの簿記は、通常、毎日のトランザクションを時系列で記録し、アカウントタイプに従ってトランザクションを分類し、各月末の列の合計を取得できるようにします。このシステムはすぐに使用できますが、その適用は、現金が支払われるか受け取られるときにのみトランザクションを記録する小規模な個人事業タイプのビジネスに限定されます。

1

12列の元帳の一番上の行に次の列見出しを記入します:日付、詳細、販売、購入、給与、ユーティリティ、消耗品、家賃、税金、その他の費用、銀行の現金、手元現金、資本、および雑貨。

2

各現金取引は、最初の行から時系列で記述します。[日付]列に日付を記録し、[詳細]列にトランザクションの非常に簡単な説明を記入しますが、説明が「誰が」、「何を」、「なぜ」の質問に答えていることを確認してください。たとえば、燃料費を記録するには、「配達用トラック用のガソリン6ガロンに対してACME燃料に18ドルを支払った」と記述します。

3

アカウントタイプに従ってトランザクションを分類し、次の12列の対応するアカウントタイトルの下に金額を記録します。「売上」列に販売された商品または提供されたサービスの価格を記録し、「手元現金」列に現金支払いを記録します。商品在庫を購入するときは、「購入」列にそのコストを記録し、次に「銀行の現金」または「手元の現金」列にサプライヤーに支払われた対応する現金を記録します。後者の金額を括弧で囲んで、既存の資金への預金ではなく引き出しであることを示し、小切手を発行する場合にのみ「CashinBank」を使用してください。

4

給与、光熱費、消耗品、家賃、税金、その他の費用などの費用を対応する列見出しに記録し、支払い済みの現金を「銀行の現金」または「手元の現金」に記録します。後者の数字を括弧で囲んで、現金からの控除を示します。「現金」と「手元現金」の両方の列に金額を記入して銀行預金を記録しますが、手持ち現金からの引き出しを示すために、後者の金額を括弧で囲みます。

5

「資本」列の下に金額を置き、「銀行の現金」または「手元の現金」の列から同じ金額を差し引くことにより、会社の資金からの個人的な引き出しを記録します。後者の数字を括弧で囲んで、現金からの控除であることを示します。以前のアカウントタイトルに該当しない他のすべてのトランザクションを[雑貨]列に記録します。毎月の終わりに各列に数字を追加して、取引の概要を取得します。