保険会社のマーケティング戦略

保険業界は、多くの騒ぎを起こすナショナルブランドで飽和状態にあり、地元の保険代理店が消費者に耳を傾けるのを難しくしています。保険代理店が国や地方の競争から際立つことができるように、スマートなマーケティング戦略が必要です。これらは保険代理店が採用できるマーケティング戦略のほんの一例ですが、すべての代理店は、新しいプログラムを実装する前に、市場とターゲット市場が何を求めているかを正確に検討する必要があります。

コミュニティで草の根に行く

ほとんどの代理店は、オフィスの近くで市場を獲得しようとしています。顧客と会うことができれば、顧客との関係を築くのは簡単です。保険代理店を取り巻くコミュニティ内で知られ、目に見えるようになる方法はたくさんあります。

あなたの代理店名とあなたのイメージを世界に広める方法として、看板、バスベンチ、食料品店の広告などの幅広いマーケティング戦略を見てください。これは一般的な信頼性を高めますが、実際には、ショットガンアプローチです。

マーケティングへのより積極的なアプローチは、コミュニティの信用を構築し、リードを促進するためのより的を絞ったアプローチを持ちます。地元の高校を訪問して、飲酒運転や脇見運転の危険性について生徒に話します。地元の教会で生命保険のメリットについて話し合うワークショップを開催します。地元の商工会議所のイベントにブースを出展してください。

ブランドからのピギーバック

Allstate、Farmers、State Farmなどの大手ブランドは、年間予算の莫大な金額をマーケティングに費やしています。これらの会社のいずれかに代理店がある場合は、キャプティブエージェントになることの制限を知っています。しかし、これらの大手ブランドが資金を投入するマーケティングファネルには利点があり、これらのファネルから便乗することができます。

Allstateのエージェントは、Allstateのキャッチフレーズ「あなたは手元にあります」を使用して、市議会と提携する地域コミュニティのクリーンアップをホストできます農民のエージェントは、定期的な保険や金融のワークショップを開催して、農民大学を直接消費者に届けることができます。ステートファームのエージェントは、オフィスやすべてのコミュニティイベントでカーキ色と特製の赤いシャツを着ているエージェント「ジェイクフロムステートファーム」を楽しむことができます。

あなたがあなたの後ろにブランドを持っているとき、あなたが実行する必要があるだけのプログラムを作成するためにその高給のマーケティング部門を使用してください。

紹介ネットワークを構築する

紹介ネットワークは、保険代理店がビジネスを成長させるための最良の方法の1つです。保険代理店の戦略的パートナーには、不動産業者、住宅ローンの貸し手、資産計画の弁護士、さらには他の保険代理店が含まれます。あなたの代理店が特定の種類の保険(たとえば、労働者災害補償)を専門としている場合、他の多くの代理店は代わりに自動車保険と住宅保険に焦点を当てており、ビジネスクライアントをあなたに紹介することができます。

戦略的パートナーの構築に関しては、計画を立て、一貫性を保つようにしてください。ドーナツの箱を週に一度住宅ローンの貸し手のオフィスに持っていき、カードの山とあなたのことを考えてくれたことに感謝するメモを添えてください。不動産業者と一緒にオープンハウスに座ることを申し出てください。付加価値とパートナーが出現し、確実な紹介を提供します。

ローカルソーシャルメディアで広告費を使う

ソーシャルメディア広告により、保険代理店の所有者は特定のクライアントをターゲットにすることができます。また、他の従来の広告では不可能だった方法で、ミレニアル世代の前に彼らを連れて行きます。ソーシャルメディアが提供するツールを使用して、特定の製品の人口統計を設定します。たとえば、生命保険の見通しについては、小さな子供がいる若い家族をターゲットにします。