登録貸付会社になる方法

貸付会社は、個人やその他の企業にさまざまな金額の貸付を行っています。貸付会社を設立するには、米国証券取引委員会に登録されている上場企業になる必要があります。事業を継続するためには、公開会社に関するSECの規則を遵守することが不可欠です。そうしないと、事業が閉鎖される可能性があります。上場企業は、安定したキャッシュフローを維持し、事業運営を維持するために、投資家に株式を提供します。

1

あなたの貸付会社をあなたの州の州務長官に法人として登録してください。株式を提供するには、企業として登録する必要があります。これは、貸付会社のSEC要件です。提出する法人設立書類には、定款、登録代理人、商号登録が含まれる場合があります。

2

お住まいの地域で貸付会社を合法的に運営するための営業許可または免許を取得するには、事業を行う郡の事業活動を監督する郡書記官事務所に連絡してください。自分の名前以外の事業を使用している場合は、架空の事業または「事業を行う」という名前で貸付会社を登録する必要がある場合があります。

3

IRSを通じて雇用者識別番号を申請します。EINは、州および連邦の事業税申告書、ビジネスバンキングローン、事務処理、および貸付会社に関連するその他の文書など、すべてのビジネス文書で使用します。

4

貸付会社がどのように運営されるかを概説する取締役会を作成します。各メンバーの役割と責任、発行済み株式数、付属定款、バイアウトオプションの概要を説明します。貸付会社としての法的登録を維持するには、取締役会の議事録、決定、および変更を含む年次報告書をSECに提出する必要があります。

5

2つの部分を含む登録届出書を作成して、証券取引委員会に貸付会社を登録します。パート1は、事業運営、提供される株式の種類、その他の投資機会、およびすべてのリスク要因の概要を示す目論見書です。パート2は、予測される財務目標、予算シート、取締役会メンバーリストなど、他のすべてのビジネス関連活動の概要です。

6

訴訟や和解に関連する費用をカバーするために、責任や商業用不動産などのビジネス保険を購入します。