製品拡大のための運用戦略

成長するビジネスが直面する課題の1つは、新しい製品ラインの生産、既存のラインの拡張、または新しい市場での製品の販売による製品提供の拡大です。製品の拡張には、期待収益が関連するコストとリスクを上回ることを保証するための集中的な計画が必要です。運用戦略の原則は、製品拡張プロセス全体を通じてビジネスを導くことができます。

定義

運用戦略とは、組織内の長期的な目標を達成するためにリソースを管理するプロセスを指します。製品の拡張を行うビジネスの場合、目標には、顧客ベースの拡張、収益の増加、および利益の増加が含まれる可能性があります。製品の拡張に使用されるリソースには、人的リソース、原材料や製造施設などの物理的リソース、ブランド名やのれんなどの無形のリソース、およびプロセスに資金を提供するための資金(または資本へのアクセス)が含まれます。

要素

製品の拡張を管理するために企業が行う運用戦略には、いくつかの重要な要素が含まれる場合があります。1つ目は、幅広い目標と特定の目的を確立する計画フェーズです。コンピテンシーの評価は、ビジネスが自由に使えるリソースを確認し、それらを使用するための戦略を策定し始めるため、もう1つの重要なステップです。製品拡張プロセスの管理と早期の結果の収集も、運用戦略の一部です。

企業が新製品を追加することによって製品ラインを拡大する場合でも、既存の製品を新しい市場で販売する場合でも、運用戦略には同じ特定の手法のいくつかを含めることができます。運用戦略は、製品を長距離輸送する必要性を減らすために新しい製造施設を建設することによってコストに対処する可能性があります。別の戦略は、残業代を稼ぎながらより多くの製品を生産するために既存の労働力に頼るのではなく、より低い賃金で地元の労働者を雇用することかもしれません。地元のサプライヤー、倉庫、配送サービスとの契約はすべて、製品拡張中のコストとスピードに対処するための可能な方法です。

影響

製品の拡大は、新しい顧客にリーチしたり、需要の増加に対応したり、新しい市場動向を活用したりすることで、ビジネスを成長させる1つの方法です。ただし、強力な運用戦略がなければ、新しい収益を生み出すことなくプロセスにコストがかかる可能性があります。製品拡張の直後に、運用戦略に関連するコストにより、貸借対照表とコストフロー計算書が低く見える場合があります。ただし、戦略的拡張の将来の価値は、プロセスが計画どおりに進むと時間の経過とともに表れ、パフォーマンスメトリックが向上します。