従業員の士気が低い原因

概要概要

従業員の士気が低いことは、ビジネスにとって深刻な懸念事項になる可能性があります。不幸な従業員は、生産性の低下、顧客サービスの低下、従業員の定着の問題につながる可能性があります。昇給、福利厚生、従業員表彰プログラムなどのインセンティブは従業員の士気を高めるのに役立ちますが、会社の士気が低い場合は、根本原因を特定できることが重要です。

目標の変更

絶えず変化する従業員の目標は、良い仕事をしようとしている従業員を疲れさせる可能性があります。何かが重要な目標であると言われることは、優秀な労働者の動機付けですが、彼らがその目標を達成するためにすべてのエネルギーと時間を費やして、新しい目標のためにそれを破棄するだけである場合、結果は落胆と達成の欠如の感覚になる可能性があります。従業員には、タスクを達成する方法に関する明確なガイドラインと、タスクの目標がいつ達成されるかを示す明確な指標とともに、達成可能なタスクを割り当てる必要があります。

誤解された期待

混乱ほど士気を落とすものはありません。明確なガイダンスが不足している従業員は、彼らに何が期待されているかを正確に知らずに、仕事に数日、数週間、あるいは数ヶ月を費やす可能性があります。これが発生すると、経営陣の基準ではパフォーマンスが低下する傾向があり、時間と会社の時間を無駄にしていると信じ始めると、士気が低下することがよくあります。この問題は簡単に修正できます。新しい従業員が採用されたり、既存の従業員に新しい責任が割り当てられたりした場合、採用マネージャーは仕事の期待を明確にし、正しい手順と期限に関する適切なトレーニングを手配する必要があります。毎日の仕事の有用性と方法を理解している従業員は、ぶらぶら歩き回ったり、非生産的であることが判明したことに時間を費やしたりする従業員よりもはるかに高い士気を持ちます。

オープンなコミュニケーションはありません

経営陣とのオープンなコミュニケーションが取れない職場を作ることは、スタッフの士気にとって危険です。従業員は多くの場合、職場の手順や会社の最終製品を改善する方法について洞察を持っているか、問題のある手順やスタッフに正当な問題を抱えている可能性があります。従業員がアイデアや問題で上司に近づくことに抵抗を感じると、経営陣は創造的なアイデアを見逃し、問題を抱えるリスクを冒します。従業員は、影響を受けることなく、自分の考えや懸念を経営陣に表明するよう奨励されるべきです。従業員に個人的に問題について話し合う方法を知らせるガイドラインを設定し、そうすることで何かしらをしているように感じさせないようにします。

無駄な可能性

士気の低さは、単に才能を無駄にすることから生じることがよくあります。多くの場合、資格が過剰な仕事や、仕事に必要なスキルセットや興味とは異なるスキルを持っている仕事に雇われます。これが起こると、従業員は仕事にイライラしたり退屈したりしやすくなり、良い仕事をする方法よりも会社を辞める方法に関心を持つことになります。結果として生じる生産性の欠如と潜在的な売上高はビジネスに悪影響を与えるだけでなく、人の真の可能性に到達する能力を奪います。従業員にとってより適切なポジションを見つけることは、従業員と会社の両方の欲求不満と潜在的な経済的損失を救うかもしれません。