訴訟による記録的な推定損失を説明する方法

企業は、将来の金銭的支払いに対して責任を負う可能性がある状況に直面することがよくあります。これは、顧客やベンダーなどの別の当事者が会社を訴えるときによく発生します。会社の最終的な責任は、訴訟の結果によって異なります。場合によっては、会社はこの金額を財務諸表で報告する必要があります。会社が訴訟を失う可能性があり、負債の金額を見積もることができる場合、会社はこの金額を財務記録と財務諸表に記録する必要があります。

1

会社の弁護士からの文書を読んでください。損失の推定額を強調表示します。

2

推定損失を記録する仕訳を作成します。「借方訴訟費用」。「クレジット推定訴訟責任」。エントリの両方の部分に強調表示された金額を使用します。

3

総勘定元帳に金額を入力して、「訴訟費用」勘定を増やします。総勘定元帳に金額を入力して、「推定訴訟責任」勘定を増やします。

4

会社の損益計算書と純利益の計算に「訴訟費用」勘定を含めます。

5

貸借対照表の負債セクションに「推定訴訟負債」勘定を含めます。