純営業損失の繰越額を計算する方法

純営業損失は税の概念です。これは、その年の所得よりも控除額が多く、個人納税者、不動産、信託が法人納税者だけでなく純営業損失を被る可能性がある場合に発生します。純営業損失は、純営業損失とともに前年の2年前に繰り戻されるか、20年間繰り越される場合があります。純営業損失が発生した年から1年以内にフォーム1045を提出する必要があります。フォーム1045、スケジュールAの指示に従うので、純営業損失の繰越額の計算はそれほど難しくありません。

1

フォーム1045の2ページのスケジュールAから始めて、フォーム1045の1行目に入力する必要のある金額を決定します。

2

フォーム1040NRの39行目にフォーム1040の41行目にある金額を入力します。

3

スケジュールAで要求された順序で、非事業キャピタルロス、非事業キャピタルゲイン、非事業控除、および事業キャピタルロスと事業キャピタルゲインなどの金額を入力する指示に従います。

4

フォーム1045のスケジュールAの15行目で要求された行を組み合わせて、純営業損失の金額を計算します。その線が正の数である場合、その年の純営業損失はありません。ゼロまたは負の数の場合は、フォーム1045の1a行目にこの番号を入力します。

5

通常の納税申告書を提出するのと同じ場所でIRSにフォーム1045を提出します。ただし、フォーム1045を所得税申告書と同じ封筒に入れないでください。