GmailComposerでHTMLをオフにする方法

Googleが運営する無料のメールサービスであるGmailには、機能が満載のメールコンポーザーがあります。リッチテキストとプレーンテキストの2つのモードのいずれかでメールを送信できます。リッチテキスト形式を使用する場合は、Webページと同じ形式コードを使用するHTMLメールを送信できます。HTMLをオフにして標準のプレーンテキストの電子メールを送信する場合は、プレーンテキスト機能を使用する必要があります。プレーンテキストは、さまざまなフォントタイプ、色、サイズをサポートしておらず、リンクやオブジェクトをプレーンテキストの電子メールに挿入することはできません。

1

お気に入りのWebブラウザを起動し、Gmailに移動します。

2

メールアドレスとパスワードを使用してGmailにログインします。

3

左側のペインにある赤い[作成]ボタンをクリックして、新しいメールの作成を開始します。

4

[作成]ウィンドウのすぐ上にある書式設定ツールバーの[プレーンテキスト]リンクをクリックして、HTML書式設定をオフにします。

5

プレーンテキスト設定で書式設定と挿入されたオブジェクトが削除されることをGmailが警告した場合は、[OK]をクリックします。

6

メールを作成して、通常どおりに送信します。