Webデータベースからデータをコピーする方法

Microsoft Excelを使用すると、Webクエリを使用してWebデータをWebサイトから直接コピーできます。これには、基盤となるデータベースへの間接アクセスを提供する効果があります。データをスプレッドシートに直接プルし、そのデータを使用してビジネス上の決定を通知できます。抽出されたデータとともにWebクエリを保存するので、Webクエリを更新するだけで、WebデータベースまたはWebサイトに加えられた更新を取得できます。Webクエリの設定は非常に簡単なプロセスであり、コードを記述したり、Webデータをコピーしてスプレッドシートに貼り付けたりする必要がありません。

1

Webデータを含むWebサイトのページのURLを取得します。URLをWebクエリに渡す必要があります。また、Webページの各テーブルからデータを個別にインポートする必要があるため、Excelで作業する前に、インポートするセクションをよく理解しておく必要があります。

2

Excelを起動して新しいブックを開始するか、Webデータをインポートするブックを開きます。

3

[データ]タブをクリックし、Excel 2010の[Webから]オプションを選択して、WebサイトのテーブルからWebデータのWebクエリを作成します。これはExcel2007の[外部データの取得]メニューにあります。これにより、[新規]が起動します。 Webブラウザによく似たWebクエリウィンドウ。

4

手順1のURLを[新しいWebクエリ]ウィンドウのアドレスバーに入力し、[実行]ボタンをクリックします。このページは、データをインポートできるテーブルを示す黄色の矢印とともにウィンドウに表示されます。

5

インポートする1​​つまたは複数のテーブルの横にある黄色の矢印をクリックします。テーブルが選択されると、黄色の矢印が緑色のチェックマークに変わります。

6

「インポート」ボタンをクリックして、WebデータベースからExcelにデータをコピーします。

7

Excelウィンドウに切り替えて、データを配置するワークシートの開始セルをクリックします。次に、「OK」をクリックしてデータのインポートを確認します。