職場での軽蔑と無礼

職場での無礼と無礼は、会社の士気を損ない、有毒な職場環境を作り出す可能性があります。それは人々が同僚に対処する方法を超えています-無礼な行動を示す人々はしばしばクライアントにも失礼です。ビジネスリーダーにとって、他人を怒らせたり侮辱したりする方法で行動する従業員を特定し、適切に懲戒するためのポリシーを設定することが重要です。明確なポリシーとそれを実施することが、悪い状況が悪化するのを防ぐ唯一の方法です。

会社の方針と期待

会社の従業員マニュアルと、無礼と無礼に関してどのような方針が存在するかを確認してください。何も配置されていない場合は、マニュアルを更新し、適切な行動について従業員を教育してください。ポリシーには、コミュニケーションスキル、適切な言語、礼儀正しさの使用を含む適切な行動への期待を記載する必要があります。これらのポリシーは、最終的に従業員の離職率を減らし、生産性を高め、士気を向上させるのに役立ちます。

これらの方針は、極端な状況で潜在的な職場内暴力につながる職場のセクハラや活動の範囲もカバーすることができます。雇用主は、方針の目標を述べるだけでなく、従業員が方針に違反した場合の懲戒処分を述べる必要があります。

行動を特定して反応する

ポジティブな行動は、ビジネスリーダーが正しい行動をモデル化することから始まります。誰もが問題のある問題についてマネージャーや人事とコミュニケーションできることを従業員に知らせます。人々が問題や否定的な経験について話し合うことができるように、ある程度の機密性が必要です。チームの人々は、助けを求める力を与えられていると感じるべきであり、状況がリーダーに課せられているように感じさせられるべきではありません。

雇用主はこの問題を決して無視してはなりませんが、誰かが証拠なしに何か間違ったことをしたと思い込んではなりません。被告人を特定し、状況を調査します。被告人に彼女の見解を説明する機会を与える。チームの他のメンバーと話し合って、他の誰かが同様の経験をしたり、失礼または不適切な行動を目撃したことがないかどうかを確認します。

すべての関係者の話を聞き、状況に関する従業員ハンドブックの方針を全員に思い出させます。

行動計画の実施

ビジネスリーダーは、ポリシー違反への対応に一貫性を持たせる必要があります。雇用主が一貫していない場合、従業員は許容可能な行動のさまざまな基準があると想定します。問題が発生した場合、ビジネスリーダーは人事ファイルに状況を文書化する必要があります。孤立したインシデントが定期的に発生する場合は、さらなる懲戒処分が必要になる可能性があります。

不利な法的措置を防ぐために、従業員マニュアルで確立されたプロトコルに従ってください。雇用主は解雇された従業員から不法解雇で訴えられる可能性があります。誰かが文明政策に違反したために解雇されたときに身を守るためのデータと文書があることを確認してください。

ポジティブな行動とネガティブな行動を示すために、ロールプレイングを含む定期的なトレーニングを実施します。これは、正しい動作と間違った動作を示しています。ロールプレイングは、従業員を関与させ、状況に対処するための練習を提供します。また、不適切であることに気づかなかった、すべきでないことの例を示すこともあります。