増分予算計算式

組織は、運用をサポートするためにいくつかの異なる予算編成方法を選択できます。それぞれの予算編成方法は、組織が組織の財務管理に関して可能な限り最高の結果を達成するのに役立ちます。一部の予算編成方法は非常に複雑ですが、増分予算編成は、組織が実装できる単純な形式の予算編成を表します。このタイプの予算編成は、徐々に変化するだけの安定した予算がある組織で最適に機能します。

インクリメンタル予算

増分予算では、現在の会計年度に使用された予算が、次の会計年度の増分配分のベースになります。このタイプの予算編成では、組織全体とそのすべての部門が、前年度と同じ予算で最小限の運用を継続することを前提としています。増分予算は、経営陣が毎年予算の広範な分析を行わない組織で最適に機能します。

増分予算は、前年度の支出を今年度の見積費用として使用することから始まります。次に、さまざまな金額の増分がこれらの費用に加算または減算され、前会計年度に対する次の会計年度の予算の増減を示します。このタイプの予算編成は、資金を設定し、変動がほとんどない大規模な組織で最適に機能します。長期的な資金提供を受けたプロジェクトを持つ多くの教育機関や組織は、増分予算を使用しています。

利点

インクリメンタルバジェットの主な利点は、使いやすさです。この予算編成システムは、組織が資金調達が将来も継続するという保証がある場合にのみ機能します。さらに、増分予算では、資金の割り当ての変動を制限する必要があります。さらに、増分予算により、組織は予算の容量をよりよく理解し、資金配分に関する部門間の対立の削減に集中することができます。

短所

インクリメンタル予算の主な欠点は、この形式の予算がイノベーションを促進しないことです。管理者は、単に資金配分を正当化する目的で、毎年同じ金額を使うことに慣れることができます。場合によっては、資金の必要性がなくなった場合、部門長は予算の資金を使用して、来年の割り当てを危険にさらさないようにすることができます。増分予算は、資金が意図した目的に対して高すぎる場合や、プログラムの長期運用を維持するには低すぎる場合でも、常に適切な資金レベルを想定しています。