組織でドレスポリシーを実施する方法

ドレスコードポリシーを実施することは、事業主にとって混乱の原因となる可能性があります。米国中小企業庁の投稿は、服装規定が一般的に寛大になっている一方で、雇用主は依然として服装規定を制定および施行する権利を保持していることを認めています。会社の服装規定に関連するいくつかのデリケートな法的影響に気付いた後、施行は、従業員間のまとまりのある外観を維持するのに役立つ簡単なビジネスタスクです。

ポリシー

ドレスコードを施行する最初のステップは、実質的で一貫性のあるポリシーを作成することです。会社の服装に関する方針は、個人やグループを選び出すことなく、すべての従業員に平等に適用して慎重に作成する必要があります。適切な信条は、生産環境を強化したり、安全上の懸念を最小限に抑えるアパレルを要求するなど、ビジネス関連の懸念に基づくことができます。ポリシーには、つま先の開いた靴など、許可されていない特定のアイテムの非独占的なリストを含めることができます。すべての従業員は、ポリシーに署名して理解を示す必要があります。

執行

ドレスコードポリシーは、ポリシーを無視した場合の規定された結果に基づいて行動することで実施できます。たとえば、ポリシーには、「このポリシーのパラメータの範囲外で服装が着用されている場合、上司とのカウンセリングを通じて不適切な服装について従業員に通知されます」と記載されている場合があります。規定は、「違反が繰り返されると、解雇を含む懲戒処分の対象となる」など、ポリシーを引き続き無視した場合の影響について説明する必要があります。

差別

差別を伴う訴訟の可能性を回避するために、ドレスコードポリシーはすべての従業員に平等に施行する必要があります。雇用機会均等委員会は、1964年の公民権法のタイトルVIIを通じて、差別に関連する法律を厳格に施行しています。性別と同様に、宗教団体も保護されています。従業員は、彼女の宗教によって、ポリシーガイドラインの範囲外の重要な衣服を着用することを余儀なくされる場合があります。そのような場合、雇用主は労働者のために合理的配慮をしなければなりません-そうすることがビジネスに過度の困難をもたらさない限り-服装が重要でない別の部門に彼女を移すなど。性別に関しては、米国中小企業庁が適切な政策要件の例を示しています。男性はネクタイを着用する必要がありますが、女性は着用しないでください。不適切なポリシーでは、男性はジーンズを着用できますが、女性は着用できません。

一貫性

従業員と経営陣は同様に同じ基準を守る必要がありますが、予期しない状況が発生する可能性がある場合に備えて、必要に応じて施行中に公平性と理解を示すようにしてください。たとえば、従業員が家の火事ですべての衣服を破壊し、会社の方針で許可されていない衣服を着て職場に到着することを余儀なくされた可能性があります。このような場合、共感的で協力的な対応が必要です。