金利のExcelで加重平均を見つける方法

Microsoft Excelで金利の加重平均を計算して、さまざまな金利を受け取った貸し手のグループの中で最も正確な平均金利を計算します。加重平均をとるときは、手元の値だけでなく、データセットでそれぞれが発生する回数も考慮に入れます。たとえば、20人が1つの利率を受け取ったが、10人だけが別の利率を受け取った場合、20人が受け取った利率は計算で2倍の「重み」になります。

1

Excelを起動します。すでに新しいスプレッドシートにデータを入力し始めている場合でも、プログラムを開いたときに表示される新しいスプレッドシートから始めます。

2

スプレッドシートの列Aに「Rate;」というラベルを付けます。次に、列Bに「受信者」というラベルを付けます。さまざまな金利を列Aに入力するか、列Bにそれぞれを受け取った貸し手の数を入力します。

3

空白のセルをクリックして、次のプログラムを入力します。

= SUMPRODUCT(A2:A3、B2:B3)/ SUM(B2:B3)

セル名の値を、データが占める正しいセル範囲に置き換えます。たとえば、10の異なるレートがある場合、範囲は「A3」と「B3」ではなく「A12」と「B12」で終わります。「Enter」キーを押すと、空白のセル内に加重平均が表示されます。