プロジェクトスコープステートメントのコンポーネント

包括的なスコープステートメントを作成することで、プロジェクトの確固たる基盤を確立できます。効果的なプロジェクトマネージャーは、プロジェクト名、目的、所有者、スポンサー、および利害関係者をリストします。さらに、高レベルのプロジェクト要件、マイルストーン、および結果を特定することは、プロジェクトの制約を最初から定義するのに役立ちます。プロジェクトの範囲外の項目やコスト見積もりを含めると、プロジェクトがさらに管理しやすくなります。プロジェクトスコープステートメントの一般的なコンポーネントには、プロジェクトの目的、正当化、製品の説明、期待される結果、仮定、および制限が含まれます。

目的

プロジェクトの目的を定義するには、プロジェクトのビジネス目標を確立する必要があります。この情報を使用して、プロジェクトの承認を取得し、高レベルの概要を特定し、時間、リソース、および労力の投資の目的を定義します。プロジェクトの後半でスコープクリープを回避するために、スコープステートメントのこの部分を参照することができます。スコープクリープは通常、資金を提供するスポンサーまたは結果の影響を受ける利害関係者が、プロジェクトの進行に合わせて製品またはサービスに機能を追加したい場合に発生します。

正当化

プロジェクトスコープステートメントには通常、プロジェクトが開始された理由を特定する文が含まれています。これは、スポンサーと利害関係者への最終目標とその利点を強調することにより、プロジェクトに全体的な方向性を与えます。これには、焦点を絞ったオンラインソーシャルメディアテクノロジーキャンペーンによって米国ですべての製品の売上を15%増加させるマーケティング戦略の作成など、成功の定量化可能な尺度が含まれている必要があります。明確な境界は、プロジェクトのライフサイクルの後半でのあいまいさを防ぎます。

説明

プロジェクトの目標を定義することは、開発を計画している製品またはサービスの要件を認定するのに役立ちます。たとえば、プロジェクトの結果によって、会社のマネージャー向けの包括的なトレーニングプログラムが作成される場合があります。その意図は、彼らのリーダーシップスキルを強化することです。ワークショップの目的には、参加者がロールプレイング演習を使用して、コミュニケーション、意思決定、時間管理、フィードバックの提供、およびタスクの委任における新しいスキルを開発する機会を提供することが含まれる場合があります。開発するプレゼンテーション資料の種類と内容を明確に指定することで、プロジェクトの範囲を詳細に定義します。

仮定

スコープステートメントを完成させるには、リスクと依存関係、および定義を作成する際に行った仮定をリストします。これらの詳細を徹底的に詳述することにより、プロジェクト期間の期待値を設定するのに役立つ効果的なスコープステートメントを作成します。スコープクリープは通常、プロジェクトの失敗につながります。プロジェクトに含まれるものと含まれないものを文書化して、これを回避します。