一元化されたビジネスの利点

一元化されたビジネスでは、リーダーのコアグループが重要な決定を行う際の権限のほとんどを維持します。これは、意思決定がさまざまな場所または地域の下位から中位のマネージャーに分散される分散型アプローチの反対です。それぞれの形式には、ビジネスの性質に応じて利点があります。

効率的な決定

地方レベルでは、地方分権化により、変化する市況へのより迅速な対応が可能になります。ただし、ほとんどの場合、一元化により、会社全体で最も効率的な意思決定とコミュニケーションが可能になります。ネガティブなニュースイベントへの対応方法など、一部の決定は、特にタイムリーな決定と対応が実装にとって重要であることが多い場合は、主要な経営幹部が行うのが最適です。

説明責任

中央集権化はまた、意思決定者を強調するので、それらの人々は彼らの決定に対してより簡単に説明責任を負います。一貫して適切な決定が行われ、実行されると、適切な人に信用が与えられます。同様に、企業の意思決定者は、意思決定を調査し、すべての利害関係者への影響を考慮に入れるために、適切な時間、労力、およびエネルギーを投資することを強いられていると感じています。

品質の決定

分散化する企業は、組織内の各店舗またはユニットで比較的ローカルで適応性のある文化を維持したいため、そうすることがよくあります。ただし、一元化された企業では、重要な決定は主に最も熟練した専門家の手に委ねられています。たとえば、一元化されたバイヤーは通常、会社にとって良い価値を交渉し、新しい製品や新しい製品のトレンドを特定するための最もスキルがあります。一元化された企業トレーナーは通常、効果的なトレーニングプログラムの設計、開発、および実装に関する専門知識を持っています。

一貫性

一貫性は、ビジネスにおける集中化のもう1つの重要な強みです。同じ人物またはリーダーのグループが会社に代わって決定を下す場合、それらの決定は通常、一貫性のある予測可能な方法で行われます。これは、最前線のマネージャーと労働者が何を期待するかを知るのに役立ち、絶えず変化する意思決定パターンから生じる可能性のあるフラストレーションの一部を防ぎます。さらに、顧客との関係に影響を与える決定は、同じリーダーによって行われた場合、ブランドの一貫性を向上させることができます。