利潤最大化の例

利益の最大化は、短期的には企業の利益を増やすことができますが、長期的には、従業員、所有者、およびコミュニティの利害関係者に悪影響を与える可能性があります。利益を最大化する戦略を使用する場合、経営陣は純利益の増加のみに焦点を当てますが、これは株主の富を最大化することと同じではありません。収益の増加に加えて、企業は損益計算書の他の領域に取り組み、利益を最大化することができます。

売上原価の削減

売上原価は、顧客に販売された有形製品の総コストを定量化するために使用されます。直接材料と直接労働は、他のコストの中でも、売上原価の計算の重要な要素です。安価なベンダーから原材料や在庫を購入することで、企業は売上原価を削減し、最終的に純利益を増やすことができます。直接労働が削減され、追加の残業費用なしで生産が以前のレベルのままである場合も同じことが言えます。

サポート要員の解放

会計士、マーケティングプロフェッショナル、一般管理者などのサポートスタッフは、企業の諸経費を増やし、純利益を減らします。一時解雇や離職のラウンドを通じてサポート要員を解放することは、即時の利益を増やす1つの方法ですが、人員の削減が深すぎて、重要なタスクを実行するための代替方法が見つからない場合、会社は長期的な収益性のリスクを負います。利益を最大化するとき、多くのリーダーは従業員を解放することの短期的な利益に焦点を合わせ、残りの労働者への影響や組織にもたらされる新しいリスクにはほとんど注意を払いません。

固定費の削減

固定費には、製造またはサービス業務の実行に関連する費用の中でも、家賃、保険、特定の光熱費などが含まれます。ビジネスリーダーは、小規模な施設に移動したり、保険の適用範囲を縮小したり、ユーティリティの使用を最小限に抑えたりすることで、利益を最大化できます。特に、賃料の安い施設への移転は、生産能力や企業の将来の成長力に悪影響を与える可能性があります。

未払税金の引き下げ

課税所得を減らす方法を見つけることは、利益を増やす別の方法です。それは、ビジネスがそれらの資格がある場合、新しい控除、クレジット、または免除を受けることによって達成することができます。所得のタイミングや所得のシフトなどのさまざまな税務戦略により、現在の報告期間の税負担を軽減できますが、これらの戦略は長期的に税負担を増加させる可能性があります。未払税金は、ほとんどの企業にとって貸借対照表上で最大の費用の1つであり、削減するのに理想的な支払いです。