組織に影響を与える倫理的決定は何ですか?

ビジネス倫理は、企業が倫理的な方法でビジネスを行うことを法的におよび社会的に義務付けられている企業責任の領域です。ビジネス倫理には、正直、誠実、信頼、機密性、開放性という5つの重要な要素が含まれます。ビジネスの世界では、すべての組織に影響を与える倫理的な決定が毎日行われます。

倫理的な広告の決定

ほとんどの企業は、顧客ベースを増やすことができるように、一度にまたは別のときに、自社の製品またはサービスを宣伝する必要があります。彼らが倫理的な方法でこれを行うことが重要です。倫理的な広告は、販売されているものを誠実に描写している場合、正直であると見なされます。非倫理的な広告は欺瞞的または誤解を招くものであり、否定的とさえ見なされる可能性があります。ネガティブと見なされる広告は、競合他社の製品を劣化させることが多いため、ビジネスは製品の見栄えを良くすることができます。

守秘義務に関する倫理方針

企業が使用するほとんどすべての倫理規定には、少なくともある程度の機密性の保証が含まれています。顧客は、自分の個人情報が承認されない方法で使用されないことを知りたがっています。従業員は、許可された担当者以外が自分の個人ファイルにアクセスできないことを知りたがっています。顧客の情報を第三者に販売するなど、企業が意図した商慣行を開示しなかった場合、それは非倫理的な行動と見なされます。

倫理的な販売慣行

企業が販売を行うことをどのように決定するかは、すべての業界に影響を与える主要な倫理的決定です。倫理的な販売には、誠実さと誠実さが含まれます。たとえば、自社の製品やサービスの長所と短所の両方を正直に開示し、それらを100%支持している企業は、倫理的慣行を持っていると見なされます。一方、お得な情報を提供して顧客を餌にし、欺瞞的な手段でより高価な商品を購入するように誘惑する企業は、非倫理的な商慣行を持っていると見なされます。

倫理的な価格戦略

すべての企業は一般に、消費者に製品やサービスの料金を請求することを選択するかどうかについて最終決定権を持っていますが、倫理的な制限が存在します。たとえば、製造に関連するコストの増加の結果として価格を上げることは、企業にとって倫理的であると見なされます。求められているものは何でも支払うことを要求する窮地にあることを知っている特定の顧客を掘り起こすために価格を上げることは、企業にとって非倫理的であると考えられます。一例は、自然災害時に水のコストを大幅に引き上げることです。