顧客獲得とコンバージョン戦略とは何ですか?

逃した販売機会は、時間の経過とともに莫大な逃した販売収益につながる可能性があります。たとえば、ビジネスで1日あたり平均25ドルの売り上げを逃した場合、1年間で9,125ドル、5年間で45,625ドルの売り上げが失われます。これにより、スタートアップの設立や既存の中小企業の成長がはるかに困難になります。積極的な戦略的計画は、新規顧客の安定した流れを生み出し、また、コンバージョン率の向上を通じて販売機会の逸失を回避するために不可欠です。

買収戦略と変換戦略

焦点はそれぞれ異なりますが、顧客の獲得と転換は等しく重要です。買収戦略は、新規顧客を店舗に呼び込むことに焦点を当てた幅広い行動計画です。たとえば、買収戦略の要素は、認知度を高め、ビジネスを競合他社と区別し、潜在的な顧客に買い物を促すことに重点を置いています。一方、変換戦略は焦点が狭くなっています。コンバージョンアクションプランは、「見物人」を有料の顧客に変えることに重点を置いています。商品の陳列、製品のプロモーション、カスタマーサービスのポリシーは、コンバージョン戦略の一般的な要素です。

買収戦略の策定

優れた買収戦略は、明確に定義されたターゲット市場と市場調査情報に基づく戦略です。根底にある理論は、購入できるすべての人ではなく、購入する可能性が最も高い顧客に焦点を合わせると、新しい顧客を引き付けるのがはるかに簡単になるというものです。ターゲット市場の特定は、理想的な顧客が持つ特定の特性を特定するために機能します。市場調査情報は、潜在的な顧客がどこにいるか、彼らが購入を決定する方法、競合他社が何をしているのか、競合他社がどのように顧客を引き付けているのかを示します。そこから、継続的なコミュニティへの働きかけ、マーケティング、およびプロモーション計画が継続的に機能し、ターゲット市場ベースから新しい顧客を引き付けます。

変換戦略の要素

コンバージョン戦略は、価値を付加し、優れたカスタマーエクスペリエンスを生み出し、ブラウザをリピーターに変えるために機能します。各目標は、十分に開発された変換戦略の重要な要素です。従業員のトレーニングと能力開発プログラム、高い顧客サービス基準、さまざまな価格戦略はすべて、コンバージョン率を促進します。さらに狭い視点から見ると、店舗のレイアウト、商品の陳列、在庫状況がコンバージョンに影響を与えます。これらの要素が一体となって、初めての顧客とリピーターのどちらが戻ってくるかを決定する、総合的な顧客体験を生み出します。

オンラインの視点

買収と転換の戦略は、物理的に存在するものと同じようにオンラインビジネスに適用できます。買収戦略とコンバージョン戦略の要素は同じですが、オンライン環境では優れたカスタマーエクスペリエンスを生み出すことが少し異なります。ナビゲーションシステムやショッピングカートなどのサイトのレイアウト、応答時間、コントロールがユーザーフレンドリーでない場合、顧客は滞在せず、戻ってこない可能性があります。さらに、デジタル変換戦略では、顧客間の快適さのレベルとスキルレベルの違い、および顧客がWebサイトにアクセスするために使用するさまざまな媒体を考慮する必要があります。