職場で宗教的多様性を管理する方法

職場の宗教的多様性は、さまざまな視点の形で企業に多くの利益をもたらすことができます。しかし、職場での宗教的多様性の管理は、人的資源の観点から困難な場合があります。宗教的見解を容認し受け入れることは非常に重要であり、さらに休暇が必要な人や、宗教的な好みによって決まる特別なニーズがある人にも対応できることが重要です。いくつかのガイドラインに従うことで、多様性に富んだ職場を作ることができます。

1

すべての従業員にトレーニングを提供します。多様な職場では、衝突が発生する可能性があり、意図的ではない場合もあります。宗教はそれ自体がホットボタンの問題であり、2つの宗教が衝突すると、結果は壊滅的なものになる可能性があります。すべての従業員にトレーニングを提供し、職場への信頼について話し合うという観点から何が受け入れられるかについて話し合うことが重要です。従業員は、自分の信念体系を気づかずに他人に押し付けようとする可能性があります。

2

宗教上の理由で従業員に休暇を提供します。一部の宗教では、特定の時間に礼拝を提供する必要があり、これらの時間は就業日を妨げる可能性があります。これらの従業員に休暇を提供し、同じ信仰を共有せず、同じ待遇を受けているために軽視されていると感じている従業員からの批判に直面する準備をしてください。クリスマスやイースターなどのいくつかの宗教上の祝日は、通常、有給休暇として提供されることを彼らに思い出させてください。

3

違いを受け入れるよう従業員に奨励します。多くの宗教は互いに直接対立していますが、受け入れが行われると、共通の基盤に到達することができます。従業員を監視し、宗教的な問題に不満があることが明らかな場合は、他の労働者から離れた安全な環境で、お互いの信仰と問題について話し合うように促し、お互いをよりよく理解できるようにします。従業員間の共通点の発見を奨励します。

4

発生する可能性のある単純な問題に過剰に反応することは避けてください。新たに多様化する職場はますます苦痛を伴うことになり、これらの闘争を受け入れ、過剰反応を避けることが重要です。いつもすべての人を喜ばせることはできないことを忘れないでください。妥協は真の多様性の重要な部分です。

5

重大な問題には許容範囲外のポリシーを採用します。従業員は、どのような行動が許されないかを知る必要があり、従業員間で問題が発生した場合は直ちにその行動が取られます。彼らが会社の方針について適切に訓練され、教育されていれば、従業員間の深刻な宗教的問題の言い訳はありません。