従業員のイニシアチブを改善する方法

自発的で野心的であることは、従業員を職場で主導権を握るように動かすかもしれません。率先して行動する社員は、責任感を持っています。雇用主として、あなたは従業員にこの特性を好むかもしれませんが、一部の従業員は境界を越えることを恐れて率先して行動することを躊躇します。この行動を思いとどまらせるのではなく、従業員のイニシアチブを改善するための措置を講じてください。

イニシアチブが現れる方法

従業員のイニシアチブは、仕事のバックログがある場合に同僚を支援するために従業員が飛び込むなど、小規模で発生する可能性があります。イニシアチブをとることで、この従業員は上司からの指示を待つことはありません。彼は必要性を観察し、彼自身を利用可能にします。さらに、従業員は単に発言して提案するだけで、仕事に率先して取り組むことができます。従業員はシステムの亀裂を検出し、これらの問題を修正して生産性を向上させる方法をブレインストーミングする場合があります。従業員は宿題をして、新しいアイデアを実装することの経済的側面を検討することもあります。

抑制されたイニシアチブ

経営陣がどのように受け取るかについての恐れや不確実性により、一部の従業員は主導権を握ることができません。マネージャーや雇用主は、従業員からの提案を常に受け​​入れるとは限りません。従業員が独創的で有用なアイデアを持っていたとしても、雇用主は彼のアイデアを却下したり、彼の権限を超えたと非難したりする可能性があります。この否定的な態度により、多くの従業員は変化に関して静かになります。

ようこそ提案

提案を受け入れることは、従業員のイニシアチブを改善するための鍵です。オープンドアポリシーを確立し、スタッフから提案を求めると、スタッフは率先して新しいアイデアを提示することに安心できます。あなたが彼らの意見を大切にし、自発性を奨励することをあなたのスタッフに示すいくつかの方法があります。スタッフ会議中にフロアを開いて、従業員が懸念事項について話し合ったり質問したりできるようにすることができます。これにより、従業員が特定の問題について自分の考えを表現するためのプラットフォームが作成され、おそらく生産や作業環境を改善する方法についての提案が提供されます。また、従業員と1対1で話し合い、個人的に意見を述べるよう招待することもできます。

感謝の気持ちを示す

感謝と敬意を払うことは、組織内の従業員のイニシアチブを促進する可能性があります。従業員の提案を実行しなくても、彼の提案を認め、率先してくれたことに感謝することが重要です。彼の意見やアイデアを無視したり、彼の努力を過小評価したりすると、将来の試みを思いとどまらせる可能性があります。他の労働者もあなたの興味の欠如に気付くかもしれません、そしてこの行動は他の人が主導権を握ることを妨げるかもしれません。