減価償却費が見積もられるのはなぜですか?

減価償却は、ほとんどの種類の有形会社の資産で利用できる事業税控除です。年間減価償却額は見積もられており、通常、事業に役立つと予想される年数にまたがるアイテムの元の購入価格に基づいています。減価償却費は現金以外の費用です。

使用する

会計士は、減価償却を使用して、時間の経過に伴う事業資産の損耗を説明します。減価償却費は現金以外の費用であるため、金額を見積もる必要があります。毎年、一定額の減価償却費が償却され、資産の簿価が減額されます。

方法論

減価償却方法にはいくつかの種類がありますが、最も一般的な方法は定額法です。その中で、会社は資産の元のコストをその見積耐用年数で割って、毎年減価償却する金額を決定します。

変数

減価償却費は、実際の費用と資産の見積耐用年数に基づいて見積もられています。資産の元のコストは、ビジネスでの使用期間を通じて変化しません。ただし、推定耐用年数は、使用量や生産率によって年ごとに変わる可能性があります。

目的

減価償却の目的は、帳簿上の資産の正確な価値を表すことです。毎年、資産が使用されると、その価値は貸借対照表で減額され、損益計算書で費用処理されます。