LLCの税制上の利点は何ですか?

内国歳入庁によると、LLCを設立することは、事業主に特定の税制上の利点を提供します。LLCは、税制上の優遇措置に加えて、企業の運営から生じる個人的な責任から事業主を保護します。LLCの所有者は、利益に課税する方法と、正当な事業費の控除を行う方法の両方で利益を享受します。

パススルー課税

LLCの主な税制上の利点は、IRSがパススルー課税と呼んでいるものです。50州すべての州議会によってLLCが設立される前は、一般的な事業組織の代替案は企業でした。企業の場合、IRSは、事業レベルだけでなく、事業主に支払われる利益や収入にも税金を課します。言い換えれば、法人形態を使用する事業主は本質的に二重課税されます。LLCとパススルー課税では、事業主は個人レベルでのみ課税され、事業レベルでは課税されません。

事業控除

LLCは、事業の所有者に合法的な事業費の税額控除を受ける機会を提供します。正当な事業組織は、企業の運営の促進に費やされたお金の控除を受けることができます。ただし、LLCが税額控除を行う方法は、他のすべての事業とは異なります。これらの税額控除はLLCの個々の所有者にパススルーされ、ビジネスレベルでは適用されません。個々の所有者は、個人の確定申告で税額控除を利用します。利益の場合と同様に、控除額は、所有権の割合に基づいてLLCのメンバーに分配されます。

資本的支出の控除

事業主は、設備投資控除を利用することもできます。これらの控除は、企業が1年以上にわたって企業が使用する商品または機器を購入するときに利用できます。控除額は、IRS規制に従って、購入したアイテムの予想耐用年数の各年に分割されます。

税制上の利点を最大化する

LLCの多くの所有者またはメンバーは、この種の事業の所有権から生じる税務問題について専門家の支援を求めています。LLCの所有権に関連する税制上のメリットを最大化するためにLLCの所有者を支援することを専門とする税理士が存在します。アメリカ法曹協会は、この種の法的代理人を見つけるのに役立つリソースを提供しています。