使いサービスの課金を開始するのはいつですか?

寛大さにはその場所がありますが、人々の用事を実行するための課金を開始する時期はすぐです。誰も無料で事業を営むことはできません。人々や企業が個人的なコンシェルジュを雇う理由は、時間とエネルギーを節約するためです。忙しい人はますます時間に飢えているので、買い物や配達のために用事のランナーを雇うことは魅力的な解決策です。米国労働統計局(BLS)の報告によると、パーソナルケアとサービスの職業の雇用機会は2008年から2018年の10年間で20.4%増加すると予想されており、これはほとんどの職業のほぼ2倍の速さです。

時間

たとえば、食料品、郵便物、食べ物、ドライクリーニング、車を手に取るクライアントを節約する時間は、他のことに費やしていない時間です。書面による記録を保持することにより、各クライアントとのすべての用事に費やされた時間を説明します。通常のクライアントは、予測可能な用事のルーチンを持っている場合があり、測定が容易になります。いつもより家から遠く離れてあなたを連れて行く用事をあなたに与えるクライアントはそれに対して請求されるべきです。時間ごと、訪問ごと、週ごと、または月ごとに課金できます。あなたはリピータークライアントに特別なパッケージ取引を提供することができます。お住まいの地域で同様のサービスを調査すると、時間の適正価格を決定するのに役立ちます。時間を過大評価したり、逆に過小評価したりすると、信頼性が損なわれるため、始める前に慎重に検討してください。

燃料

あなたは、あなたが稼ぐよりも多くのガスに費やすことを避けるために、最初から他の人の用事を実行する過程であなたが消費する燃料を説明し、請求しなければなりません。自家用車を使用する場合は、ガス代をカバーするためにマイレージ料金を含めてください。これは、長距離の仕事ではかなりの額になる可能性があります。この料金は、車両の減価償却費と関連する保険費用もカバーする必要があります。

自転車で用事をしている場合、基本的なサービス料金には、特に長距離をカバーする場合は、続けるための食事の費用と、追加のタイヤやチェーンオイルなどの関連する自転車のメンテナンス費用が含まれている必要があります。徒歩で用事を実行する場合は、まともなウォーキングシューズと、使用するバスパスまたはタクシーの比例配分された費用を必ず含めてください。徒歩または自転車で商品を集荷または配達する場合、手作業で商品を輸送するための物理的能力が限られているため、ボリュームで請求することをお勧めします。

料金と駐車料金

クライアントあたりの料金には、他の人の用事を実行する過程で支払う必要のある料金所と駐車料金も含める必要があります。大都市圏では一般的に駐車料金が高く、時間に敏感です。にぎやかな地区で用事をしている場合、買い物や配達中の駐車は割高になり、請求する料金に含まれている必要があります。

価格設定

各クライアントに請求する金額は、個々のニーズによって異なります。あなたの用事があなたのガス、時間とエネルギーの通常より多くの量を消費するクライアントはあなたの追加費用をカバーするためにもっと請求されるべきです。特別な用事を実行する前に関連するコストを調査および評価して、稼いだ以上の支出をしないようにします。すべての事業費を追跡し、インフレに追いつくために定期的に事業を行うためのコストを再評価します。たとえば、ガスの価格が上昇し続けると、料金も上昇します。